県内ニュース

米沢織4社、新ブランド立ち上げ 中台向け、成長市場の開拓狙う

2020年02月15日 09:21
それぞれの強みを生かし、米沢織で中国市場開拓を目指す4社の社長=米沢市役所
 米沢織の織元3社と卸売り1社の米沢市内4企業が共同し、中国や台湾をメインターゲットに据えた新たなブランドを立ち上げる。各社の得意分野を組み合わせた高級洋服地をBtoB(企業と企業の取引)で販売し、急速に成長する中国・台湾市場の開拓を目指す。14日に市役所で認定書交付式があり、国、県、市、支援機関の担当者らを前に4社の社長が事業への意気込みを語った。

 事業に参加するのは安部吉(安部吉弘社長)青文テキスタイル(寺島規人社長)峯田織物(峯田祐樹社長)の織元3社と、中国・台湾の販路に強みを持つ卸売りのリィーヴ(高橋邦博社長)。ノウハウや設備、人材などの経営資源を共有することで、幅広いニーズに対応できる生産体制の構築を図る。東北経済産業局から地域産業資源活用事業計画の認定を受け、専門家のアドバイスや国の補助制度などを活用しながら進める考えだ。

 現在試作品の製作に取り組んでおり、今秋には中国の展示会への出展を目指す。ブランド名は「Japan Textile YONEORI(ジャパン テキスタイル ヨネオリ)」とし、産地全体のブランド力向上も見据える。

 交付式で代表の安部社長は「普段ライバル同士の利害関係を抜きにして、有機的に結びつくことが最大の新規性だ」と強調。その上で「米沢は全国の繊維産地でも珍しく、業者が多種多様の技術を持っている。それが一体となることができないかと考えた」と協力の経緯を説明した。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から