県内ニュース

寒河江の市民浴場、600メートル移転案 23年度の開設を予定

2020年02月15日 08:21
PR
 寒河江市は同市島にある市民浴場を、同地区内の約600メートル離れた場所に移転する計画をまとめ、14日、市議会議員懇談会に示した。現施設は活断層のすぐ近くにあり危険性が指摘され、老朽化していることもあり検討してきた。2023年度の開設を目指す。

 現在の市民浴場は鉄骨平屋建ての約600平方メートルで、1983年から営業。温泉で入浴料が大人200円、15歳未満100円と安価なこともあり、年間約22万人が利用している。しかし施設が面する高瀬山沿いに活断層があり、市は数年前から移転を検討。隣接地の県有地・最上川ふるさと総合公園内を第1候補に検討したが、一帯が「高瀬山遺跡」で掘削には埋蔵文化財調査を行う必要があり、調査に約1億8千万円かかることから再検討した。

 新用地は現施設から南東に約600メートル離れ、最上川の堤防に面した民有農地7300平方メートル。活断層から約200メートル離れている。温泉は配管設備を設け運ぶ。浸水想定が1.98メートルのため盛り土して建設する考え。民間資金活用による社会資本整備(PFI)方式を検討している。事業費は用地購入費を含め約8億3千万円規模と想定している。

 この日夜には島地区で地元住民説明会が開かれ、参加者からは周辺道路の安全確保を求める声が多く出された。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から