県内ニュース

山形の新たな味“雪国ライム” きょうからジントニックで提供

2020年02月14日 08:24
寒冷地では難しいとされてきたライムの収穫に、5年がかりでこぎつけた石岡浩明さん=山形市南栄町1丁目
 寒さに弱く本県では栽培が難しいとされてきたライムが13日、山形市南栄町1丁目の石岡浩明さん(59)方ハウスで計40個収穫された。市内の飲食店からオファーを受け、5年がかりで結実させた“雪国ライム”が、山形の新たな味として一歩を踏みだした。

 7年前から無農薬の「山形レモン」作りを軌道に乗せてきた石岡さん。旧知の仲で、同市香澄町1丁目のダイニングバー「ブルーマーケットブラザーズ」を経営する伊藤真治さん(44)から5年前、相談を持ちかけられた。「せっかくだから地元産で安全安心なライムを使った飲み物を出したい」。石岡さんのライム作りへの挑戦が始まった。

 だが、インド原産で輸入品が多く出回り、国産品は愛媛産がほぼ100パーセントというライム。山形での鉢植え栽培は最初の3年実がならず、昨年ようやく実を付けたが1個だけだった。それでもレモンの経験から木の成長を信じ、栽培を続けたこの冬、ようやく6鉢から黄色い実が40個採れた。石岡さんは「40個は少ないと思えるが、5年がかりで収穫できたことが本当にうれしい」と笑みをこぼす。

 「2月に入り石岡さんから、たくさんライムができたと連絡があり本当に驚いた」。伊藤さんは昨年の貴重な1個で、輸入品のとがった酸味とは違う優しい酸味を知っただけに、山形の新しい味に仕上がると直感した。ライムを使った飲み物はジントニックやジンライムなどが定番。「ジントニックならライム1個で4杯作れるので、160杯で使い切る」と意気込む。

山形産ライム(手前左)を使ったジントニックに自信を見せる伊藤真治さん。濃緑色のライム(同右)は輸入品=山形市香澄町1丁目
 伊藤さんの店は14日から早速、石岡さんのライムを使った飲み物の提供を始める。二人三脚で作り上げた“雪国ライム”のカクテルが、真冬の山形に爽やかな風味をもたらす。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から