県内ニュース

前進モンテ~2020新戦力(1) MF中村充孝、MF加藤大樹

2020年01月21日 12:37
 サッカーJ2・モンテディオ山形は6季ぶりのJ1昇格を目指し、1次キャンプで体づくりに励んでいる。躍進の鍵を握る新戦力は若手中心の11人。新天地への思いや横顔をシリーズで紹介する。

MF中村充孝―群抜く実績、攻撃活性化
MF中村充孝
 若手が大半を占める新加入の中で、MF中村充孝の実績は群を抜く。前所属先の鹿島ではリーグ制覇、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)などを経験した。「体験したことがない昇格の感覚を味わいたい」。敵の意表を突くパス、卓越したドリブルの技術で攻撃を活性化する。

 中学卒業後に地元の大阪を離れ、市立船橋高(千葉)に進んだ。一つ上の学年にはDF山田拓巳が所属。2年時の2007年、全国高校総体の優勝メンバーとなった。

 プロ1年目から所属した京都では12年、J2で14得点と輝きを放った。翌年にJ1鹿島に移籍し、計7年間の所属で「自分のためではなく、チームのためにプレーする」という献身さを学ぶ。天才肌で感覚を重視しているが、勉強のために海外リーグの動画も見始めた。直近2シーズンはけがに泣き、出場試合は限られたものの、昨季の天皇杯全日本選手権では自身初のハットトリックを記録した。

 「鹿島の経験を伝え、(何段階も)攻撃のクオリティーを上げてほしい」と要請を受け加入した山形では、プロ入り後初めて10得点10アシストの目標を公言。自らに重圧をかける背番号10をつけ、有言実行を誓う。

 なかむら・あつたか 大阪府出身。2009年に市立船橋高(千葉)から当時J1の京都に加入。13年にJ1鹿島に完全移籍し、主にサイドハーフとしてプレーした。昨季はリーグ戦5試合出場で1得点。身長174センチ、体重67キロ。利き足は右。ポジションはMF。背番号は10。29歳。

MF加藤大樹―速さ武器に道切り開く
MF加藤大樹
 MF加藤大樹の最大の魅力は、相手を置き去りにするスピードだ。「攻撃で自分の特長を生かす」との自負がある。日本フットボールリーグ(JFL)からのたたき上げで、自身初のJ1を目指す。

 大学時代に大きく進化した。高校、大学で2学年上の先輩だった松田陸(C大阪)、双子の弟の力(甲府)のアドバイスを受け、体幹トレーニングに励んだ。「スピードを武器にしようと思えた」という原点になった。

 卒業後はJFLのSP京都へ。午前に練習をこなし、午後は印刷会社の業務に汗を流した。入社後1年で廃部になったものの、2016年シーズンを前にJ2山口から声が掛かった。18年に移ったJ2金沢で先発出場が増え、昨季は7得点の結果を残した。「レベルの高い選手とプレーし、ゼロから吸収したい」と、レベルアップを目指し山形への完全移籍を決めた。

 「逆境ばかり」のサッカー人生で、「良くない時こそどう行動するかが大切」と前進を続ける。同じJFLからJ1への道を切り開いた藤本憲明(神戸)らに刺激を受け、「自分もそういった存在になっていきたい」と意欲を示した。

 かとう・たいき 奈良県出身。立正大淞南高(島根)からびわこ成蹊スポーツ大(滋賀)に進学。JFLを経て2016年にJ2山口に加入。18、19年は金沢に所属し、昨季のリーグ戦出場は39試合で7得点。身長170センチ、体重67キロ。利き足は左。ポジションはMF。背番号は20。26歳。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から