センター試験最終日、6会場で 受験生のひとこと

2020/1/20 11:32
センター試験を終え、出迎えた教諭にねぎらいの言葉をもらい笑みがこぼれる受験生=新庄市・新庄神室産業高

 大学入試センター試験は最終日の19日、県内6会場を含む全国の会場で理科と数学が実施された。1990年に始まったセンター試験は今回が最後。前身の共通1次試験と合わせて約40年続いてきた全国規模の大学入試は、次回から大学入学共通テストに引き継がれる。

「全体的に難しかった」「2次対策しっかりしたい」

 大学入試センター試験は2日間の日程を終え、県内各会場では「まずはたくさん眠りたい」などとほっとした表情を見せる受験生の姿が見られた。来年からは大学入学共通テストに衣替えする。受験生は最後のセンター試験を振り返りながら「2次試験も全力で頑張る」と次を見据えていた。

 ▽佐藤春花さん(17)=酒田西 全体的に模試と比較して難しかった印象で、時間に余裕がなかった。人生の中で一番勉強してきたので、試験を終えて達成感はあるが、大学に進学すればまた新たな学びがあるので頑張りたい。まずはたくさん眠りたい。

 ▽室岡朋希さん(18)=鶴岡南 緊張したものの、今更不安になってもしょうがないと気持ちを切り替えた。物理、化学は手応えを感じたが数学II・Bは慣れない問題もあり戸惑った。2次試験も全力で臨み、支えてくれた家族や先生に恩返しができたらと思う。

 ▽半田柊斗(しゅうと)さん(17)=新庄北 全体的にこれまで演習を重ねた通りに解くことができた。数学I・Aは着実に点が取れた。英語のリスニングがいまひとつだった。(来年の共通テストを)受けることがないよう今まで頑張ってきたことを2次試験にもぶつける。

 ▽杉田悠介さん(18)=山形南 今まで勉強してきた分の力を出し切れた。数学I・Aはできたが、数学II・Bは難しかった。全体的に考えさせられる問題が多かったが解けたと思う。目標とする国立大に向けて2次試験の対策をしっかりしていきたい。

 ▽棚村碧(あおい)さん(18)=長井 過去問と少し傾向が違ったが特に物理、化学の理系科目で手応えがあった。暗記ではなく、示されたデータから答えを導き出す問題が、自分は解きやすかった。記述式の2次試験に向け、細かい部分も抜けがないよう準備したい。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]

県内ニュース最新一覧

[PR]