県内ニュース

【モンテ】野田「存在感見せる」 G大阪から完全移籍のDF、覚悟胸に

2020年01月19日 11:41
山形への完全移籍を決めたDF野田裕喜=静岡県御前崎市・御前崎NEXTAFIELD
 サッカーJ2・モンテディオ山形は1次キャンプ5日目の18日、静岡県御前崎市の御前崎NEXTAFIELD(ネクスタフィールド)で午前、午後の2部練習を行った。午前はサーキットトレーニングに続き、素早い攻守の切り替えやプレスを意識させるメニューに時間を割いた。午後は11対11の紅白戦を実施。石丸清隆監督は「まだ後ろからボールをつなぐところまでしか触れておらず、これから攻撃の形をすり合わせていきたい」などと語った。

 今季の1次キャンプは27日までの予定。練習試合が組まれる鹿児島県内での2次キャンプに移り、千葉県市原市の3次キャンプで最終調整する。開幕戦は来月23日にアウェーで磐田と戦う。

 ○…「退路を断ち、そこで駄目だったら終わりという気持ち」。J1・G大阪からの完全移籍を決断したDF野田裕喜の覚悟だ。山形2季目の1次キャンプ、ムードメーカーの一人として練習を盛り上げている。

 昨季の開幕後、育成型期限付き移籍で加入し、センターバックとして6試合に出場。J1参入プレーオフではベンチに入って機会に備えたが、「J1に上げるため、あの舞台のピッチに立ちたかった」と悔しさを味わった。移籍期間満了をもって、完全移籍に変更。目標としてきた菅沼駿哉や加賀健一がかつて付けていた背番号5を、22歳で受け継いだ。後方からの展開力、的確なコーチングを武器に定位置争いに臨む。

 ボールを使わない持久走のトレーニングは苦手といいつつ、その克服を誓う山形での初キャンプ。「若手としてがつがつと存在感を見せたい」と気合をみなぎらせた。

初J2「全てこなす」―新たに加入の石沢トレーナー
新たにチームに加わった石沢恭太トレーナー
 スタッフとして新たに仲間入りした石沢恭太トレーナーは、初めてJ2クラブの所属に。「新人のつもりで全てをこなしていきたい」と意気込む。

 東京都出身の27歳。高校の選手時代にけがを負いトレーナーの道を志した。鍼灸(しんきゅう)師の養成校など専門学校の5年間で技術を習得。首都圏の高校のほか、漫画「キャプテン翼」の作者高橋陽一さんらが関わるクラブ「南葛SC」や、2018、19年はJ3秋田で選手をサポートした。

 「別の環境にトライしたかった」と、J1昇格を目標に掲げる山形へ。「選手が思いきりプレーできるように」との思いを抱き、練習場を駆け巡る。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から