県内ニュース

障害者を支援、通所事業所が4月開所 寒河江

2020年01月14日 13:50
玄関にスロープが設置されるなど、4月の開所に向け工事が進む障害児者通所支援事業所=寒河江市山岸町
 寒河江市のNPO法人ぽけっとぴーす(村上理香理事長)は同市山岸町の旧なか保育所を改修し、障害児者通所支援事業所「ぽけっとぴーすの森」を4月に開所する。子どもから大人まで幅広い年代の障害者を支援する計画で、村上理事長は「利用者の意思と人格を尊重し、その人に寄り添った支援をしたい」としている。

 ぽけっとぴーすは、障害のある子どもを持つ親たちを支えるため、任意団体として2004年に発足。親同士の情報交換の場「おしゃべりカフェ」を月1回程度開催したり、情報誌を発行したりしている。山新放送愛の事業団、山形新聞、山形放送の本年度福祉援助・助成先に選ばれた。

 事業所の開所は、障害児者の支援の場が不足している現状から「自分たちで支える場をつくろう」と計画。国、県、西村山1市4町から補助金を受けて施設の改修工事を進めている。

 事業内容は(1)児童発達支援(2)放課後等デイサービス(3)生活介護―の三つ。(1)は医療ケアを必要とする未就学児を対象に、医療とともに日常動作の指導や集団生活への適応訓練を行う。(2)は医療ケアが必要な就学児向けで、学校の下校後や休日に生活能力向上のための訓練や支援を医療とともに提供。(3)は18歳以上の常時介護を必要とする障害者に対し食事や排せつなどの介護や生活支援を実施する。

 スタッフは看護師や保育士ら計18人。看護師2人が常勤し、たんの吸引など医療ケアが必要な人も安心して支援を受けられるようにする。機械を用いた2種類の浴槽を設置し、ストレッチャーや車椅子の利用者など重度障害者の入浴サービスも行う。山新放送愛の事業団から贈られた折り畳み式テーブル4台もこの事業所で活用する。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から