県内ニュース

細菌性赤痢感染、新たに9人 酒田、保育所介し

2019年12月10日 08:26
PR
 県は9日、今月4日に発症が分かった細菌性赤痢の関連調査により、新たに9人の感染が判明したと発表した。4日公表した2人は酒田市内の保育所に通っていた男児と別の保護者だったことが分かり、この保育所を介して園児やその家族に広がっている。県内での感染者は今年の累計で12人となった。

 県薬務・感染症対策室によると、9人はいずれも同市在住で男性は4人(40代1人、就学前の幼児3人)、女性は5人(40代1人、30代1人、小学生1人、就学前の幼児2人)。

 庄内保健所が4日に判明した同市在住の30代女性と就学前の男児について、その家族や保育所の関係者に検便調査を行ったところ新たに9人の感染が分かった。いずれの症状も発熱、腹痛、水溶性下痢。発症日や原因は調査中で、8日までに届け出があった。

 同保健所は8日現在で195検体を調査しており、結果が出ていないのは68ある。同室はさらに感染者が増える可能性があるとし、保育所に関わる園児や職員、その家族らへの検便調査を進めている。

 細菌性赤痢は患者や保菌者の便、それらに汚染された食品などから経口感染する。潜伏期間は1~5日。県は手洗いを励行し、海外渡航時の生水、生ものの摂取を避けるよう呼び掛けている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から