県内ニュース

【モンテ】DF熊本、同期の思い背負い戦う 8日のPO2回戦・徳島戦へ練習

2019年12月05日 10:43
同期の思いを背負って戦うDF熊本雄太=天童市・県総合運動公園第3運動広場
 サッカーJ2・モンテディオ山形は4日、J1参入プレーオフ(PO)2回戦に向け、天童市の県総合運動公園第3運動広場で練習した。

 1日に行われた大宮(年間順位3位)との1回戦に2―0で勝利し、オフを挟んでトレーニングを再開した。敏しょう性を鍛えるメニューに続き、陣形の確認や11対11のミニゲームをこなした。木山隆之(たかし)監督は「自分たちは勝たなければいけない立場に変わりない。しっかり勝てるように頑張るだけだ」と語った。

 5~7日は非公開練習で調整する。PO2回戦は8日午後1時5分からアウェーで徳島(同4位)と戦う。

 ○…DF熊本雄太が高さと豊富な運動量でPO1回戦の完封に貢献した。プロ2年目で臨む大舞台。今季途中に期限付き移籍した同期の思いを背負い、「粘り強く戦う」と決意を示す。

 今季は開幕スタメンに名を連ね、リーグ戦38試合に出場。第5節のホーム琉球戦ではプロ初得点を記録した。大宮との1回戦は「(相手の)攻撃の選手に守備をさせ、少しでも体力を奪いたかった」。最終ラインから積極的に前にボールを運び、サイドからの好機をうかがった。

 J3北九州に期限付き移籍した同期のFW北川柊斗とは、まめに連絡を取り合う仲で、大宮戦後には「おまえら強いな」とメッセージが届いた。一方で移籍後7得点の北川がJ3優勝メンバーになったことは「刺激になる」とも。PO初戦の試合内容に自信をにじませ、「次もゼロに抑え、セットプレーで得点を狙っていく」と抱負を語った。

発想と勇気のサインプレー
相手オウンゴールにつながったサインプレーを「完璧」と振り返った大和田真史コーチ
 ○…PO1回戦の先制点はCKのサインプレーから生まれた。攻撃側のセットプレーを担当し、山形で試合を見届けた大和田真史(まさし)コーチは「(得点時には)喉がちぎれるくらいに叫んだ」と満足げ。2回戦の鍵も握りそうだ。

 1点目は左のショートコーナーからの展開。短いパス交換からMF坂元達裕が裏に抜け出し、低いクロスを送った。意表を突かれた相手の動きは遅れ、オウンゴールにつながった。

 膨大な数の動画を見て、敵の「一人一人の動きの癖や立ち位置」をつかむことから、サインプレーのアイデアが生まれる。相手を誘い出す動きを含め「10人全員に役割があり、勇気がないとできない。あの舞台でよくやった」と大和田コーチ。徳島戦の秘策は「これから。そう簡単ではないよ」と語るにとどめ、仕事が待つクラブハウスに戻った。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から