ワイヴァンズが愛媛に敗れる

2019/11/22 21:01

[PR]
 バスケットボール男子・Bリーグ2部は第11節第1日の22日、各地で3試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは松山市総合コミュニティセンターで愛媛(西地区)と対戦し、71-75で敗れた。通算成績は4勝16敗。順位は6位のまま。

 山形は中島良史、トリアン・グラム、河野誠司、スティーブン・ハート、伊沢実孝が先発した。第1クオーター(Q)は18-26と出遅れたが、第2Qでは粘り強い守備から連続3点シュートを決めるなどして盛り返し、36-37で折り返した。一進一退の展開となったが、最終Qは要所での連係ミスが響き、接戦をものにできなかった。

 グラムが31得点12リバウンド、ハートが17得点14リバウンドだった。23日は同会場で愛媛と再戦する。

確実にステップアップしている

 河合竜児ヘッドコーチの話 どちらに転んでもおかしくない緊迫した試合だった。選手はよく戦ってくれた。前半の終わり方は良かったが、最終盤のミスが勝敗を分けた。ただ、確実にステップアップしている。しっかり修正を図り、次戦でもうひと踏ん張りしたい。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]

県内ニュース最新一覧

[PR]