県内ニュース

雪便り…それ、タイヤ交換 山形の店舗、混雑続く

2019年11月21日 07:56
手際良く冬用タイヤへ交換する従業員=山形市・タイヤ館山形(画像を一部加工しています)
 山形市内で初雪が観測された20日、同市桧町2丁目のタイヤ館山形(佐々木利昭店長)では、タイヤ交換の客が後を絶たなかった。作業員はタイヤの空気圧や溝の減り具合などを確かめ、手際良くスタッドレスタイヤを取り付けていた。

 昨年は約2千台を交換した同店では、今年既に千台余りの交換を終えているが、今後の天候によっては週末を中心に依頼が増えそうだ。昨年のピーク時には1日で約100台が集中し、最大5時間待ちだったという。

 待ち時間が長いからといって不慣れな人が自分でタイヤ交換をする場合には注意が必要だ。ホイールを固定するナットの締めが緩いと、走行中にタイヤが外れてしまう危険性もある。佐々木店長は「雪が降ってから交換するのでは遅い。まだ済んでいない人は早めに取り換えてほしい」と話した。

本県の装着率48%
 東日本高速道路(NEXCO東日本)東北支社は20日、高速道路での冬用タイヤ装着状況調査の結果を発表した。本県の装着率は48%で、同支社全体では53%。調査は目視で、18日に実施した。本県では山形自動車道の山形北インターチェンジ(IC)と鶴岡ICの2カ所で行い、装着率は山形北ICで52%、鶴岡ICで38%だった。

初雪が降る中、登校する日新小の児童たち=20日午前7時46分、新庄市
市街地も白く―新庄、鶴岡
 県内各地でも降雪があり、新庄市中心部では20日朝、防寒具を着た児童生徒が足早に登校する姿が見られた。日新小では、校門前に立つ斉藤民義校長らが見守る中、子どもたちが班ごとに列をつくって登校。強風にあおられて壊れた傘を手にする男の子や、舞い落ちる雪に笑顔の低学年児童が元気よく校門をくぐった。

 鶴岡市街地ではあられが降り、歩道や家々の屋根にうっすらと積もった。鶴岡公園の芝生も白く染まり、市民は足元に注意を払いながら歩いていた。

鶴岡市街地ではあられが降り、歩道や公園が白く染まった=20日午後4時18分、鶴岡市・鶴岡公園
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から