県内ニュース

新型配管探査ロボを披露 山形・弘栄設備工業 防水仕様でクラウド連携も可能

2019年11月13日 11:41
弘栄設備工業が開発した配管探査ロボット「配管くん」の新型=山形市・ホテルメトロポリタン山形
 配管探査ロボット「配管くん」の開発に取り組む弘栄設備工業(山形市、船橋吾一社長)が、実用化に向けて改良した新型のお披露目会を12日、同市のホテルメトロポリタン山形で開いた。新型は防水仕様で、位置の測定や、クラウド(ネットワーク上の専用サーバー)連携も可能になった。

 配管くんは管内を上下左右に動き、破損箇所や管内状況を調べる。壁や地面を壊す必要がなく破損時の工事費を抑えられる。新型は直径10~15センチの配管に対応する自走式ヘビ型と、直径2~5センチ対応の吸引式カプセル型の2種類。同社は特約店、代理店を募り、ロボットをレンタルし事業を全国展開する構想を描き、来年4月の実用化を目指す。

 ヘビ型は屈折部の関節がばね式だった旧型に対し、各節にモーターを搭載して姿勢制御や方向転換が容易になり、管内の移動やT字接続部の通過もスムーズになった。探査距離は100メートルに伸び、小型センサーで位置や傾斜角を測り、データをクラウド上で保管、活用できる。同社開発のシステムを使えば、3D画面に配管の様子を投影可能だ。カプセル型も同様の機能を備える。2種類ともさらに改良を続けるほか、他に直径4~10センチ対応タイプも開発中という。

 お披露目会には取引企業など約50人が出席。船橋社長が「オンリーワンの商材を持つことでお客さまの悩みに寄り添い解決できる。仲間と配管くんを育て、世界に広めたい」と話した。各担当者が配管くん事業の仕組みを説明。新型の実演もあった。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から