県内ニュース

ブランド米、共に成長 山形で初の全国生産者交流大会

2019年11月12日 13:40
さらなる栽培技術の向上などを盛り込んだ大会宣言を行うなどした交流大会=山形市・山形テルサ
 全国ブランド米産地生産者交流大会が11日、山形市の山形テルサで開かれた。生産者や市町村担当者、JA関係者約500人が講演やイベントを通じて親交を深め、産地拡大やさらなる高品質生産を盛り込んだ大会宣言を行った。

 大会は、県産ブランド米「つや姫」のデビュー10周年に合わせ、生産者同士のネットワークづくりや栽培技術の向上を目的に、県内生産者らでつくる実行委員会と山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部が初めて企画。各産地の代表者がのぼり旗を持って壇上に立ち、本県の生産者代表が大会宣言した。

 引き続き、コメの食味に関する研究などに取り組む大坪研一新潟薬科大教授と鶴田裕月刊食糧ジャーナル編集部長が基調講演。鶴田編集部長はブランド米の販売戦略を明確にする重要性を強調し、「各産地が本当に良いコメを作って米価を安定させる流れを生み出さないといけない。ブランドを支えるのは生産者の高い意識だ」と述べた。

 会場には各産地のブランド米を食べ比べできるコーナーも設置。「つや姫」をはじめ、宮城県の「だて正夢(まさゆめ)」や富山県の「富富富(ふふふ)」などが並んだ。大分県の農業生産法人かぐや姫の渡辺憲司相談役は「各産地の特長や風土が表れている。他産地の取り組みを参考にしたい」と話していた。12日は現地視察が行われる。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から