県内ニュース

【モンテ】残り3戦、守備改善が急務 きょうホーム長崎戦

2019年11月10日 11:04
ハードワークを勝利の鍵に挙げるDF山田拓巳=天童市・県総合運動公園第3運動広場
 サッカーJ2は第40節最終日の10日、各地で9試合が行われる。モンテディオ山形は午後2時から天童市のNDソフトスタジアム山形で長崎と戦う。前節3失点を喫し、甘さが目立った守備の改善が急務。残り3戦で再び自動昇格圏を狙うためには、足踏みは許されない。

 山形は9日、天童市の県総合運動公園第3運動広場で調整した。今季最後の上位対決となった前節の水戸戦は、後半立ち上がりに連続で3失点。いずれもサイドのボール保持者に厳しく寄せることができず、ゴール前での対応に遅れが出た。今節で注目したい守備のポイントだ。

 一方の長崎は通算成績16勝5分け18敗の12位。勝ち点53とし、1年でのJ1復帰の可能性は消滅している。ただ、天皇杯全日本選手権はJ2唯一の4強入りを果たし、地力を証明。前節の横浜FC戦はシュート3本で攻め手を欠いたが、今節はFW呉屋大翔が累積警告の出場停止から戻る。日本人最多22得点のストライカーを抑えなければいけない。

 上位勢の今後の最大勝ち点数は表の通り。通算成績19勝10分け10敗の山形は勝ち点67で、2位大宮と同5差、3位横浜FCとは同3差。最終盤の一戦で勝利を収め、自動昇格圏入りの可能性を少しでも高めたい。

山田「まだ何も終わってない」
 ○…主将がピッチに戻ってくる。累積警告で出場できなかった水戸戦は、スタンドから敗戦をかみしめた。DF山田拓巳は「厳しい状況に変わりないが、まだ何も終わっていない」。残り3戦で、3度目の昇格を追い求める。

 前節はチームに帯同し、試合を見守った。「誰が出てもチーム全員で勝ち点を奪ってきた」と自負はあった。結果的に自動昇格争いで後退したものの、「ペースダウンしたのは自分たちの力不足。ただ、内容が極端に悪いわけではない。もっともっといける」と可能性を信じている。

 上位争いの重圧を初めて体験する若手に目を配り、声を掛けてきた。高校卒業後に山形に入団し、最終戦翌日に30歳の誕生日を迎える。「相手よりも走るハードワーク」というチームと自身の持ち味を、次の勝利の鍵に挙げた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から