県内ニュース

ワイヴァンズ自滅、10連敗 香川に86-95

2019年11月10日 10:52
〈山形-香川〉第3クオーター、山形の中島良史(右)がシュートを決めて63-62とする=天童市・県総合運動公園アリーナ
 バスケットボール男子・Bリーグ2部は第9節第2日の9日、各地で7試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで香川(西地区)と対戦し、86-95で敗れた。10連敗となり、通算成績は3勝13敗。順位は6位のまま。

 山形は中島良史、トリアン・グラム、赤土裕典、河野誠司、スティーブン・ハートが先発した。得点力の高い相手外国人選手に備えて第1クオーター(Q)からゾーンディフェンスを展開。守備連係の隙を突かれる局面はあったものの、第3Q終了時点で63-64と接戦を展開。最終Qは連続得点を許した上にファウルがかさみ、つかみかけた白星を逃した。

 ハートが27得点15リバウンド、グラムが22得点、岩田涼太が15得点、河野と中島が10得点だった。1534人が観戦。10日は同会場で香川と再戦する。

【評】第4クオーター(Q)のプレー精度が勝敗を分けた。63-64で迎えた最終Qは相手外国人選手に対して体を張ったマークを展開するもののファウルを連発。6分以上を残してチームファウルが5となり、フリースローによる加点を許すなどして突き放された。

【マッチアップ】最終Q詰めの甘さ出る
 10連敗が重くのしかかる。延長戦で敗れた3日の西宮戦を含め、勝利をつかみかけながら勝ち切れない“詰めの甘さ”が目立つ。西地区2位の香川に対し、第3クオーター(Q)を終えて63-64と互角に戦った山形。最終Qにかさんだチームファウル、激しい守備へのいら立ちによるラフプレーなどで自滅する結果となった。

 序盤からトリアン・グラムをトップにした3-2のゾーンディフェンスを採用するなどして粘り強く応戦。第3Qでは、中島良史や岩田涼太が好守から速攻を繰り出して押し戻す場面もあった。

 勝負の最終Q、相手外国人選手を止めきれずにファウルを連発する苦しい展開の中、グラムが乱調気味となり、アンスポーツマンライクファウルをとられて形勢は相手へと大きく傾いた。

 日本人選手3人が2桁得点をマークし、要所で好守を見せるなど評価ポイントが多かっただけに、大いに悔やまれる敗戦だ。主将の河野誠司は「勝負どころで弱さが出た。次は細やかな部分まで徹底し、絶対にホームで勝ち星を挙げる」と再起を誓った。

もったいない試合
 河合竜児ヘッドコーチの話 もったいない試合だった。ゾーンディフェンスを敷いて前半は想定内に運んだが、後半は守備のクオリティーが落ちて得点につなげられた。選手のメンタル面での浮き沈みもあったので、しっかりコントロールしていきたい。次戦で連敗にストップをかける。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から