県内ニュース

【高校サッカー】県大会、きょう決勝 山中央・サイド起点に攻撃、米中央・連係が最大の武器

2019年11月02日 07:29
PR
 第98回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、山形新聞、山形放送など主催)は、2日午後0時5分から天童市のNDソフトスタジアム山形で決勝が行われる。共にボールポゼッション(保持)を戦術の柱に据える山形中央と米沢中央の対戦カードで、僅差の好勝負が期待される。

 山中央は3年ぶり12度目の頂点を狙う。準決勝では優勝候補だった羽黒をPK戦の末に退けた。基本陣形は4―3―3だが、守備時は4―5―1に形を変えて、しぶとく零封に成功した。

 1年間をかけてボール保持から主導権をつかむスタイルに転換してきた。中盤の底を担うMF飯塚奨、両サイドバックを起点に攻撃を組み立てる。短いパスだけにこだわらず、FW嶋貫維音らがロングボールで一気に背後を取り決定機をつくる。豊富な運動量は強みの一つだ。

 一方の米中央は6年ぶり2度目の栄冠が懸かる。基本陣形は4―4―2で、前線の流動的なポジション変更が特徴だ。準決勝は引いた布陣を取る相手に対し、2列目からの飛び出しを交えてかき乱し、得点機をつくり出した。足元の技術が光り、息のあった連係の崩しは最大の武器だ。

 センターバックに中盤を担うことができるMF遠藤理矩らを起用し、最後尾からボールを失わずに押し上げる。FW新井康介は準決勝で2得点の活躍。1年生ストライカーが好調をキープする。

 今季の対戦成績は山中央の3戦3勝だが、いずれも1点差やPK戦での決着。今回も激しい攻防が予想され、ゴール前での決定力が明暗を分けそうだ。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から