県内ニュース

中期目標、達成見込み 2公立大学法人、県が実績評価

2019年10月09日 12:43
PR
 県は米沢栄養大と米沢女子短期大、保健医療大をそれぞれ運営する二つの公立大学法人について、中期目標(期間2015~20年度)終了時を見込んだ業務実績の評価結果を公表した。評価委員会(委員長・阿部宏慈山形大理事兼副学長)が教育の内容や業務運営などを検証し、いずれも中期目標に定めた実施項目は着実に達成する見込みとした。

 有識者ら計8人で構成する評価委員会は7月下旬に開催。地方独立行政法人法改正に伴い、次期中期目標の策定などに反映させるため、18年度の業務実績評価に加え、目標達成状況の見込みについて、各法人の自己評価を踏まえ検証した。

 米沢栄養大と米沢女子短期大を運営する法人は、45の評価項目のうち、S(中期目標を上回って達成見込み)が2項目、A(十分に達成見込み)が43項目で一定の成果を上げているとした。特に米沢栄養大が2年連続で就職率100%となったことを高く評価。両大学ともオープンキャンパスの参加者が年々増加し、入試形態ごとの志願者倍率も目標値をおおむね達成している点も評価した。特に業務運営に改善勧告が必要な項目はなかった。

 一方、保健医療大の運営法人も31の評価項目のうち、Sが4項目、Aが27項目だった。教育内容の改善に生かすため、学生一人一人の成績やその動向などの教育情報を「見える化」するツールを開発し、指導の改善・充実に取り組んでいることなどを高く評価したほか、県内4地域で公開講座を開催するなど教員の知見や研究成果を分かりやすく県民に還元している点も評価結果に盛り込んだ。特に改善勧告を要する事項もなかった。

 中期目標に基づき策定した中期計画によると、米沢栄養大は高度な専門知識・技術と国際的な視野のある人材育成、米沢女子短大は課題探求とコミュニケーション能力を持った学生の輩出をそれぞれ目指すと提示。保健医療大は保健・医療・福祉の向上に貢献できる優れた人材の育成などを掲げている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から