県内ニュース

きょう地元で開幕戦、勝利で飾れ ワイヴァンズ、福島と対戦

2019年09月21日 14:19
 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは21、22の両日、山形市総合スポーツセンターで福島(同地区)と対戦する。ホームで迎えるシーズン開幕戦。今季から指揮を執る河合竜児ヘッドコーチ(HC)の下、地元開催の初戦を白星で飾りたい。

 山形は20日、試合会場で調整した。新チームで迎えるレギュラーシーズン第1戦を前に、攻守両面での選手の連係、相手主力への対応策を確認した。福島は外国人選手のインサイドや外角シュートが強み。山形としては相手外国人を抑えつつ、日本人選手がどれほど得点を積み上げられるかが鍵。両チームとも積極的な守備を心掛けており、攻守のつばぜり合いにどこまで集中力を発揮できるかが勝敗を左右する。

 河合HCは「選手のけがもあり万全な状況ではないが、それでもホーム試合でファンの皆さんに勝利を届けたい。1点差であっても勝ち星を挙げる」と意気込んだ。

主将・河野「成長見せる」
今季主将を務める河野誠司。チームの司令塔として「各選手の持ち味を引き出して勝利を重ねたい」と意気込む=山形市総合スポーツセンター
 ○…開幕戦を前に主将河野誠司が燃えている。昨シーズン、ポイントガード(PG)として中心的役割を果たし、今季も安定感のある司令塔として山形の屋台骨を支える。河野は今季のスローガン「IMPACT(インパクト)」に触れ「チーム一丸の積極的なプレーで、成長したワイヴァンズの姿をファンに見せたい」と力を込めた。

 熱意と冷静さを合わせ持つプレーヤー。試合ではPGとして各選手の長所を引き出すことに腐心する。新加入でガード起用のトリアン・グラム、内外で得点が期待されるスティーブン・ハートらを挙げ「個性のあるメンバーが加入し、昨季よりチームの特長がはっきりした」と新生ワイヴァンズの印象を語る。

 福島戦を前に「グラムとハートの特性をうまく発揮させることで攻撃面の良い流れを生み出せる」とし「守備や自己犠牲をいとわない新加入の日本人3選手も心強い」と新しい仲間への信頼を吐露。一方「たった一人でも手を抜けば勝利はない」と自他を戒めることも忘れなかった。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から