県内ニュース

村山市議選、定数16に19人名乗り 告示まで1ヵ月、他にも出馬の動き

2019年09月20日 10:40
PR
 任期満了に伴う村山市議選は10月20日の告示(27日投開票)まで1カ月となった。定数16に対し、立候補を表明しているのは現職11、元職1、新人7の計19人。現職1人が態度を保留し、他に出馬を探る動きが複数ある。3人が勇退を決めており、その支持票の行方が勝敗の鍵になりそうだ。
(文中敬称略)

 県議に転じた菊池大二郎の1月の辞職に伴い欠員が1。勇退を決めたのは6期目の茨木久弥、5期目の森一弘、議長で4期目の長南誠。4期目の佐藤昌昭は今月中にも進退を明らかにする。

 地域別に見ると、全有権者の約4割を占める楯岡(約8500票)は大山、菊池貞の現職2人と元職の井沢、新人の田中、三沢、高橋卯、吉田の4人の計7人がひしめく。前回トップ当選した菊池大の支持票獲得に向け、前哨戦を繰り広げている。他地域の予定者も食い込みを狙う。

 西郷(約2900票)からは共産現職の川田、ともに1期目の結城と矢萩が立つ。森が勇退する大久保(約1700票)では現職の犬飼に新人の細矢、最年少27歳の小山が挑む。大高根(約1300票)には現職の石沢に加え、新人の阿部が立候補の意思を固め、票の奪い合いとなりそうだ。

 戸沢(約2500票)は茨木が抜け、共産の中里、高橋菜の両現職が出馬する。袖崎(約1200票)では副議長で公明現職の秋葉が準備を進めている。冨本(約1600票)は現職の海老名が立ち、佐藤の動向が焦点となる。長南が退く大倉(約1200票)は空白地域となる見込み。

 政党別では公明1人、共産2人。無所属は16人となっている。

 1日現在の有権者数は2万743人(男1万15人、女1万728人)。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から