県内ニュース

旧楯岡高跡地にフィットネス施設 村山市、官民連携で健康増進

2019年09月19日 11:44
旧楯岡高跡地に整備するフィットネス施設について志布隆夫市長(中央)ら関係者が連携協定を締結した=村山市役所
 村山市の市街地活性化へ課題となっている旧楯岡高跡地の利活用で、市は市医師会、民間3社と協力し、最新技術を用いたフィットネス施設を整備することを決めた。利用者の健康状態や運動量などの情報を基に医師が効果的な運動法を示し、健康増進に役立ててもらう。関係者による連携協定締結式が18日、市役所で行われた。

 旧楯岡高跡地はにぎわい創出と経済活性化のため、▽コミュニティー▽コワーキング▽子どもの遊び場―など多くの機能を複合的に導入予定。2022年春の利用開始を目指す。

 協定に参加したのは、体組成計販売や健康プログラム展開などのタニタヘルスリンク(東京都、丹羽隆史社長)、フィットネスマシン製造のテクノジムジャパン(同、絹田信也社長)、ホットヨガなどを展開するドリームゲート(山形市、村上勇社長)。タニタとテクノジムが各種機材やクラウドの技術を供給し、ドリームゲートが運営のノウハウを提供する。

 市医師会(奥山雅基会長)は体組成計や活動量計、フィットネスマシンの使用情報を受け取り、会員医師が個々人に合わせた運動法を利用者に提案。本年度はクアハウス碁点に体組成計を設置し、11月から市民100人を対象に実証実験を行う。

 締結式には3社の社長と奥山会長、志布隆夫市長が出席し、協定書にサインした。志布市長は「ノウハウを持った民間とコラボレーションし、市民の健康増進に取り組めるのは素晴らしいことだ」と話した。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から