県内ニュース

豊穣の輝き、次代に託す 農民詩人・星寛治さん(高畠)自叙伝出版

2019年09月18日 11:57
激動の人生をまとめた「自分史」を手にする星寛治さん。約45年前に初めて有機稲作を実践した田んぼに立った=高畠町元和田
 次代への遺言の意味を込めて―。日本の有機農業の草分け的存在である高畠町元和田の農民詩人星寛治さん(84)が、自叙伝「自分史 いのちの磁場(じじょう)に生きる」を出版した。自然と調和した農法を模索し続けた激動の人生を453ページに集約。人生の転機となった場面には自ら「感性の脈拍」とする詩を挟み、当時の思いを未来に託した。

 有機農業者、詩人、教育者と、多くの道を歩んだ星さん。80歳を迎え、大病も患った2015年、「残された時間はそう多くない」とペンを握った。20代から書き続ける日記を基に、時系列で幼い頃からの出来事を克明につづり、「田植えするようなしぐさで原稿用紙の升目を埋めたんだ」と笑う。

 人生の大きな転機となった有機農業への挑戦は、農業近代化の波にのまれた30代半ばだった。化学肥料を与えて成長を急がせた10年目のリンゴの木が病気で壊滅。わが子のように苗木から育てただけに悲しみは大きく、2日間寝込んだ末に「健康な土づくりから再出発する」と奮起した。

「まっとうな道歩く」
 1973(昭和48)年、若手農家で町有機農業研究会を結成。化学肥料、農薬、除草剤は一切使わないと決めた。周りの人々は「頭がおかしい連中」「嫁殺し農法だ」とからかったが、「まっとうな道を歩いている」との信念があった。2年後。記録的な冷害で白茶けた水田が広がる中、会員の「生きている土」の田んぼは黄金色に輝いた。生き物が生命活動を繰り返していたからだ。

 「自分史」の「冷害に克(か)つ~生きている土の力」の項には、有機農家として生きる覚悟を込めた詩を添えた。

 鳥が舞い 虫うたい 子らの喚声がみなぎる この列島の風景を 失うまいと ひつしに思う(「みのる時」の一部)

 ほかに、病に伏した時の「先端医療に命運を託す」、命をつないだ際の「回生への誘(いざな)い」、そして「若い担い手の誕生」などと年ごとに項を設け、計13の詩をちりばめた。

受け継がれる意志
 近年、高畠で有機農業の若い担い手が次々と生まれている。今春には孫の航希さん(22)が、山形大農学部を卒業して就農した。星さんが守り続けた田畑を耕し、航希さんは「先人が積み上げてきた重みを感じる。自分なりに有機農業をつないでいきたい」と話す。

 今年もべっ甲色の稲穂が実った田んぼに星さんは立った。「遺言」とする一冊を手に言葉に力を込める。「子や孫に引き継ぐ田畑は永劫(えいごう)の文化遺産。文化としての農の営みを受け継いでほしい」

 「自分史 いのちの磁場に生きる」の出版元は清水弘文堂書房。3500円(税別)で県内の主な書店で販売している。

 【プロフィル】ほし・かんじさんは1935(昭和10)年高畠町生まれ。コメや果樹などを栽培し、74年から仲間とともに有機農業を実践。生産者と消費者を直接つなぐ独自の流通ルートをつくり、都会から多くの移住者も呼び込んだ。同町教育委員長、たかはた共生塾長などを歴任。山形市の詩人真壁仁に師事し、詩や評論、エッセーを多数執筆。主な著書に詩集「滅びない土」、エッセー「農から明日を読む」など。2010年度の斎藤茂吉文化賞を受けた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から