県内ニュース

おらほの魅力、まとめて発信 「つるおかあっちこっちマップ」作成

2019年09月13日 11:10
鶴岡市内のおすすめスポットをまとめた「つるおかあっちこっちマップ」
 鶴岡市民や市職員の有志でつくる鶴岡まちづくり塾(平智代表)は、市内のお薦めのスポットやイベントをまとめた「つるおかあっちこっちマップ」を作成した。四季の移ろいでさまざまな表情を見せる自然、その恵みを感謝する伝統的な祭り、地元で愛されている飲食店などを写真で紹介。暮らしのそばにある鶴岡の魅力を発信している。

 20~30代の若手を中心につくる鶴岡まちづくり塾は、旧市町村の6グループに分かれてイベント企画などに取り組んでいる。若者の目線で地域の魅力を伝えようと、今回は全グループ合同で制作。各地域で4~6カ所、お薦めスポットを紹介している。

 桜並木や雪をかぶった月山など、春夏秋冬を感じさせる写真を使用。「水をめぐる小さな旅」と題し、湧き水や飲める温泉など水にまつわるスポットを紹介した特集や、「つるおかの大きな木」というテーマで、古くから市民に親しまれてきた木々を紹介するページなど、何げない風景や自然にも目を向けた。

 編集から冊子のデザインまでを手掛けた同市西片屋、自営業宮城妙(たえ)さん(40)は「住んでいるからこそ分かる四季の素晴らしさ、伝統の祭りなどを紹介している。手に取ってもらった方々と、鶴岡の良さを共有できたらうれしい」と話している。

 マップはA5判47ページ。2千部を発行し、既にイベントなどで無料配布しているほか、各庁舎に置いている。問い合わせは鶴岡市政策企画課0235(25)2111内線524。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から