県内ニュース

安倍再改造内閣へ県民の思い 「次世代へ好感もてる」

2019年09月12日 07:36
PR
 「ベテランに若手、女性を配置し次の世代を見据えた人選だ」。第4次安倍再改造内閣の発足を受け、県民からは11日、おおむね新内閣に期待する声が多かった。一方、消費税増税や道半ばの地方創生など、国民、県民が納得できる着実な施策の推進などを求める声もあった。

 鶴岡市丸岡、無職小林良市さん(71)は「若手の小泉進次郎氏を抜てきし、実務に精通したベテランも配置した『安定』の色合いが強いと感じる」と評価した。若手の意見を吸い上げ、地方創生に腰を据えて取り組むことにも期待し「人口減少が進む地域にこそ、技術革新が必要。日本全体に取り組みが行き渡るような施策を望む」と続けた。南陽市赤湯の会社役員石岡孝一郎さん(31)は「同じ30代の小泉さんには、将来を見据えた施策を期待する。赤湯温泉で旅館の仕事をしており、観光振興など民間の取り組みは手厚く支えてほしい」と話した。

 「実力のあるベテランに若手を加えた人選は次の世代を見据えたもの。好感が持てる」と語るのは舟形町舟形、定泉寺責任役員梅津正枝さん(61)。安定感を生かし、着実な政策の実現を望んだ。女性が活躍できる環境づくりにも期待し、「女性2人が要職に起用されたことは明るい兆しだ」と話した。寒河江市新山町、会社員鈴木美代子さん(59)は橋本聖子五輪相兼女性活躍担当相に注目し「選手経験を生かして、東京五輪を成功に導いてほしい」。消費税増税にも触れ「上がるのは仕方がないが、福祉の向上や地方経済の活性化など、国民のためになる施策に力を入れて」と要望した。

 「小泉さん以外はよく知らないけど、子育て世代の声が今より施策に反映されるかもしれない」と、山形大人文社会科学部3年中島里菜さん(21)=山形市東原町2丁目。就職活動を控え、消費税増税によって景気が落ち込んだり雇用環境が悪化したりしないことを望み、幅広い世代が安心した生活を送れる施策の実現に期待を寄せた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から