県内ニュース

揺れる稲穂も歓迎・遊佐 ツーデーマーチ始まる

2019年09月09日 14:06
稲穂が金色に色づき始めた鳥海山麓を、友人や家族とにこやかに歩く参加者=遊佐町
 遊佐町内の鳥海山麓を2日間にわたって歩く奥の細道鳥海ツーデーマーチ(同町、日本ウオーキング協会、山形新聞、山形放送など主催)が7日、始まった。今年は北海道から鹿児島まで各地のウオーキング愛好者や同町の姉妹都市、ハンガリー・ソルノク市の児童も参加。延べ約2700人が町内を巡り、田園風景や日本海の眺望を楽しむ。

 初日は「緑と庄内砂丘、日本海コース」と題し、町西部を中心に丸池や釜磯海岸、月光川を巡る5、10、20、40キロの各コースに計1887人が参加した。出発式で時田博機町長、伊藤哲哉山形新聞取締役庄内総支社長らが参加者を激励し、遊佐中吹奏楽部などがスタートを盛り上げた。

 金色の稲穂が風に揺れる高瀬地区では、参加者が鳥海山を眺めながら友人や家族とにこやかに歩みを進めた。日差しが強く照り付けた昼前には住民らがスイカなどを配り、参加者をねぎらった。

 8日は「水と鳥海山麓、自然コース」と題した5、10、20、30キロの各コースで胴腹滝や鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮、町内の豊かな湧水群を歩いて回る。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から