県内ニュース

廃虚ホテル解体へ略式代執行 鶴岡市方針、工事費は1億8000万円

2019年08月24日 09:52
略式代執行での解体方針が固まった雷屋=鶴岡市堅苔沢
 鶴岡市小堅地区で管理者不在のまま廃虚となっている旧ホテル雷屋について、市は解体する方針を固めた。空き家対策特別措置法に基づく略式代執行で、年度内の着手を目指す。解体工事費は約1億8千万円に上る見込みで、関連費用を盛り込んだ一般会計補正予算案を市議会9月定例会に提出する。

 23日の定例記者会見で皆川治市長が説明した。略式代執行は建物の所有者が不在の場合に公費で撤去する手続き。旧ホテル雷屋の延べ床面積は本館、社員寮などを合わせて約3400平方メートルで、国の補助と起債を除く市の一般財源からの負担は約7千万円になる。

 ホテル雷屋は1936(昭和11)年の創業で、73年に鉄筋コンクリート造7階建ての本館を整備。海に面した眺望をアピールしてきたが、景気減退の影響などで負債が膨らみ、2007年12月に破産手続きを開始した。

 弁護士が破産管財人となって手続きを進めたが買い手が付かず、全不動産の管理を放棄。手続きは廃止され、実態のない法人「ホテル雷屋」が所有者のまま、建物は約10年にわたり放置されている。

 外壁の脱落など建物の老朽化は著しく、地元住民が解体を要望していた。市は応急措置を施してきたが、6月の本県沖地震で倒壊の懸念が高まった。解体に公費を投じる判断について、皆川市長は「倒壊した場合、甚大な被害が想定される。安全確保を図る必要がある」と述べた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から