県内ニュース

盲導犬、一緒だと安心だね 南山形小・一緒に歩き、役割学ぶ

2019年08月23日 12:10
PR犬ピノとの歩行を実演すると、児童たちは興味津々の様子だった=山形市・南山形小
 日本盲導犬協会の盲導犬学校キャラバンが22日、山形市の南山形小(滝浪敦校長)で行われ、3年生43人が盲導犬の役割や視覚障害者との関わり方について学んだ。

 同協会仙台訓練センターの黒田匠さん(26)とPR犬ピノ、天童市下荻野戸のマッサージ師工藤侑弥さん(33)と盲導犬フォルテが同校を訪れた。

 黒田さんが「盲導犬は曲がり角や障害物、段差を教えてくれるが、信号の色は分からないし、迷うこともある」と説明。「みんなにできることがないか考えてほしい」と呼び掛けた。10年ほど前から視野が狭まったという工藤さんは2017年6月からフォルテと暮らす。「一緒だと安心。歩くことがこんなに楽しいとは思わなかった」と語った。

 ピノとの歩行体験では、アイマスクを着けた代表児童がハーネスを持ち、一歩一歩確認するように進んだ。「ちゃんと歩けているか分からなくてドキドキした」と安孫子矢志(なおゆき)君(9)。児童たちは「目が不自由な人に出会ったら道案内をする」「横断歩道を一緒に渡ってあげる」と話していた。

 同キャラバンは山形羽陽ライオンズクラブ(安部泰輔会長)の支援で、昨年から市内の小学校で行っている。22日はみはらしの丘小も訪問した。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から