県内ニュース

新庄まつり、大勢来てね あすから3日間、観覧スペース拡充図る

2019年08月23日 10:32
PR
 山車(やたい)行列などが華やかに繰り広げられる新庄市の新庄まつりが24~26日に開かれる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産として年々認知度を上げ期日が土・日曜と重なることもあり、昨年の人出(49万人)を上回りたいと関係者は意欲を見せている。

 24日の「宵まつり」は、午後6時に中央通り交差点で灯入(ひいれ)式を行い、同6時半、全20の若連の山車が南本町十字路から順次出発。駅前大通りとメイン会場の駅前ふれあい広場アビエスを同8時半ごろまで巡行。山車には照明が入り幻想的な歴史絵巻が楽しめる。

 25日の「本まつり」は神輿(みこし)渡御行列が午前9時に最上公園を出発。約200人が新庄藩の武士に扮(ふん)し神輿を警護する。山車行列は午前10時、市老人福祉センター前出発で、午後4時ごろまで市内を巡行する。

 26日の「後まつり」は午前10時~午後4時、全山車が中心商店街に並ぶ「飾り山車」を開催。若連の作品解説があり、囃子演奏体験もできる。午前10時に最上公園で奉納鹿子踊(ししおどり)、午後1時に南本町十字路で街中鹿子踊が披露され、同4時、同所で手締(てじめ)式を行う。

 今回はアビエスを中心に観覧スペースの拡充を図り、外国人客の増加を見据え、英語でも山車行列の紹介アナウンスを行う。関連イベントでは、最上地域の味覚がそろう「美食広場」や、山形大生による山車装置作りワークショップが24、25日、きらやか銀行新庄支店駐車場で開かれる。

 期間中は市中心部で交通規制が敷かれる。市陸上競技場と市体育館を臨時駐車場(無料)とし、JR新庄駅東口とを結ぶ無料シャトルバスを運行する。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から