県内ニュース

河北病院、眼科も診療継続へ 蔵王協方針、皮膚科は「難しい状況」

2019年08月21日 07:42
PR
 県立河北病院(河北町)で外来診療科の一部が山形大医学部の医師派遣中止により9月から休止の可能性がある問題で、県内の医師配置を調整する蔵王協議会が、県側から要請があった眼科の非常勤医を配置する方針を固めたことが20日、分かった。小児科に続き診療が継続される見通しとなった。配置日数などを含め、週明けに開かれる同協議会山形医師適正配置委員会で正式に決まる。

 県病院事業局が16日に同協議会に要請した医師配置は▽小児科の常勤医1人、非常勤医2人(月1回診療)▽皮膚科の非常勤医1人(週1回診療)▽眼科の非常勤医2人(週3回診療)―など。3診療科は現状の診療体制を維持する内容となっている。同協議会は19日、同委員会を開いて小児科の常勤医1人を非常勤医に変更して配置する方針を決定した。

 眼科は非常勤医2人の要請に対し、1人の配置となる見込み。山形新聞の取材に同協議会会長の嘉山孝正山大医学部参与は「眼科は何とか1人は配置できそうだ。勤務体制などの詳細は今後詰める」と語った。

 残る皮膚科については、県側の経営健全化計画案で不採算部門と指摘されたことで、同医学部皮膚科学の医師が難色を示しているといい、嘉山会長は「現状では配置は難しい状況にある」とした。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から