県内ニュース

遺体発見、不明学生か・酒田 人工岬付近で遊泳?

2019年08月21日 07:38
行方不明になった男子大学生が泳いでいたとみられるヘッドランド(奥)付近で、捜索が行われた=18日午後3時51分、酒田市浜中
 酒田市の浜中あさり海水浴場で18日、遊泳中に高波にさらわれ、行方が分からなくなっていた仙台市若林区の男子大学生(19)の捜索が20日早朝に再開され、沖合で身元不明の男性の遺体が発見された。

 酒田署は遺体は男子学生とみて、身元と死因の特定を急いでいる。一方、男子大学生が泳いでいた場所は、沖の方向へ強く流れる「離岸流」が発生しやすい人工岬「ヘッドランド」付近とみられることが分かった。

 同署などによると、遺体が見つかった場所は同海水浴場から約800メートル南に位置する海岸の沖合約200メートル。この日の捜索には、同署員や酒田海上保安部の職員ら約20人が出動し、午前5時20分ごろ、県警警備艇「はぐろ」が海に浮かぶ遺体を発見した。遺体は身長約170センチで年齢は20歳ぐらい。男子学生が着用していたとみられる赤と黒の海水パンツをはいていた。

離岸流に注意必要、人工岬周辺で発生しやすく
 海水浴客を沖へ連れ去るように流れる「離岸流」。砂浜の浸食防止を目的に作られたいかり形や丁字形の人工岬「ヘッドランド」周辺で起きやすく、注意が必要だ。県内の沿岸でヘッドランドは酒田市と遊佐町を中心に17基設置されている。

 酒田海上保安部によると、離岸流は幅10~30メートル、長さ数十~数百メートルの範囲で起き、巻き込まれると水泳の五輪選手クラスでも、流れに逆らって泳ぐのは難しく、あっという間に沖合へ流される。

 浜中あさり海水浴場では海水浴場の両脇に、海岸から沖合へ垂直に伸びるコンクリートの構造物と、水平に位置する消波ブロックによる丁字形のヘッドランドがあり、5年前の8月にも離岸流に巻き込まれたとみられる事故で中学生が命を落としている。ヘッドランド付近は通常、遊泳禁止区域とされ、同海水浴場が営業していた17日までは、監視員もおり、遊泳禁止の表示もあったが、事故が起きた18日には表示が外されていた。

 県庄内総合支庁によると、県内12の海水浴場は18日までに営業を全て終了しているが、毎年、営業終了後も海水浴に訪れる人がいるのが実情という。今回の事故も営業終了後とはいえ、お盆休み最終日の日曜で、ほかにも海水浴客がおり、男女2人が波に足をさらわれ病院へ搬送された。営業期間外は監視員や看護師がおらず、事故に巻き込まれた際の危険度が増すため、利用者に対する注意喚起の徹底も必要になってくる。

 同海保は「遊泳可能な期間や場所以外で海に入るのは危険。台風の前後はうねりもあり、気象状況などもよく確認してほしい」と注意を呼び掛けている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から