県内ニュース

米沢の魅力、無線で発信 県南アマクラブが市制130年記念局開設

2019年08月19日 11:33
米沢市の市制施行130周年を盛り上げようと、県南アマチュア無線クラブが開局した記念局「8J7YoNZW」=米沢市
 米沢市が市制施行130年を迎えることを記念し、やまがた県南アマチュア無線クラブは記念局「8J7YoNZW」を開設した。11月までの5カ月間にわたり、米沢が誇る四季の祭や130年の歴史と魅力を電波に乗せて全国に発信する。無線で会話したことを証明するQSLカードも特別にデザイン。130人目までの交信者には市の歩みと同じ通し番号を刻んだカードをプレゼントする。

 おめでたい年に無線を通じて盛り上げを図ろうと、今年3月に記念局開設を決め、準備を進めてきた。記念局は大きなイベントや記念行事が開かれることを記念して開設されるアマチュア局で、特別なコールサインが発行され、アマチュア無線界では人気がある。同クラブでは2017年に開かれた本県を含む南東北インターハイの時も記念局を開設し、全国に発信した。

 コールサインは5文字までの制限があるため、事務局の玉橋博幸さんは「できるだけ『YONEZAWA(よねざわ)』の要素を生かし8J7以降を『YoNZW』にした」とし、7月1日付で、記念局の免許が下りた。

 開局式は7月20日、同市の市営相撲場南側芝生広場などで行われ、クラブのメンバーや中川勝市長らが出席した。中川市長は「多くの人と交信してもらい、米沢を訪れようとする人が増えることに期待したい」と語った。

 メンバーは早速、会場に設けた短波帯の無線機で「CQ(各局)CQ」と発信。電波を拾った他県の無線愛好者と交信し、記念局開設と米沢市制130年をアピールしていた。

 記念局は9月1日に同市の伝国の杜(もり)で行われる市制施行130周年記念式典会場敷地内などに設ける予定。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から