県内ニュース

赤カブ栽培の焼き畑作業 鶴岡・田川地区

2019年08月18日 20:34
赤カブの作付けに向けた焼き畑作業として、斜面に火を入れる生産者=鶴岡市田川
 鶴岡市田川地区の山間地で、特産の赤カブを作付けするための焼き畑作業が行われている。土壌改良や病害虫防除を目的とした伝統農法で、生産者は斜面を覆う炎の熱や煙に耐えながら継承に取り組んでいる。

 地元生産者でつくるJA鶴岡田川焼畑(やきはた)赤かぶ専門班が、スギを伐採した傾斜地に赤カブを作付けしている。地区全体の栽培面積は約100アール。今年は今月6日に焼き畑作業が始まった。連日午前4時半ごろに火を入れ、上から下へと時間をかけて焼いていく。

 日が昇るにつれて気温も上がり、大粒の汗を拭いながらの作業になる。同班長の伊藤英夫さん(76)=同市少連寺=は「昨年は集中豪雨で種が流され、不作だった。今年は豊作にしたい」と話していた。作業は20日ごろまで続く。

 同地区の赤カブは鮮やかな赤紫色と、漬物にした際のパリパリとした食感の良さが特徴。10月中旬に収穫が始まる。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から