県内ニュース

赤倉温泉、3旅館が「蕎麦御膳」提供 芭蕉訪問330年で企画、来月末まで

2019年08月18日 14:24
そば打ち技術の研さんを積む若旦那たち=最上町
 「おくのほそ道」紀行の道筋に当たる最上町の赤倉温泉で、旅館の若旦那たちがそば打ちの腕を磨いている。今年は俳人松尾芭蕉が最上を訪れて330周年。芭蕉が紀行の中でそばの句2首を残していることにちなみ、3旅館で「蕎麦(そば)御膳」を9月末まで提供している。

 参加しているのは湯守の宿三之亟(さんのじょう)、わらべ唄の宿湯の原、悠湯の宿湯澤屋。町産最上早生の粉使った手打ちそばと、ご飯に冷たいそば茶をかけて食べる「水かけまんま」に、天ぷらや山形牛のしぐれ煮といった、各館オリジナルのメニューを付けて提供する。赤倉温泉観光協会旅館部会主催の「食まつり」として実施する。

 若旦那たちは元々、毎年秋の町新そばまつりでそば打ちをしており、今年春からは月2回の練習会でさらに技術を高めてきた。湯守の宿三之亟の高橋治さん(43)は「ひきたて、打ちたて、ゆでたてのそばをぜひ味わってほしい」と話している。

 蕎麦御膳は入浴、個室付きの日帰りプランで、1人5千円。時間は午前10時~午後3時(食事は午前11時~午後1時)。前日まで予約が必要で、各旅館に申し込む。問い合わせは同協会080(1660)4083。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から