県内ニュース

【高校野球】鶴岡東いざ初の8強へ 関東第一(東東京)戦みどころ

2019年08月17日 11:07
関東第一戦に向けて調整する鶴岡東ナイン=兵庫県西宮市の津門中央公園野球場
 甲子園球場で開かれている第101回全国高校野球選手権大会で、本県代表の鶴岡東は大会第11日の17日、関東第一(東東京)との3回戦を迎える。鶴東ナインは16日、兵庫県西宮市の津門中央公園野球場で最終調整。初のベスト8入りを懸けた一戦に備えた。

 選手たちは午後2時すぎから練習に臨んだ。30度超えの猛暑の中、積極的に声を掛け合い気合は十分。打撃練習では快音を響かせ、鋭い打球を飛ばして打撃の感触を確かめた。シートノックでは、わざとグラブで球をはじいてワンバウンドで送球するなど、想定外の事態に備えた練習も繰り返した。

 2回戦で2打席連続本塁打の丸山蓮は珍しく左打席に立って豪快な打球を飛ばした。「バランス良く(バットを)振るために取り組んだ」と本人。「大会では自分のスイングができている。この感覚を大切にしたい」と話した。

 チームは前日の15日を休養に充てた。「体が軽く、みんながいい状態で練習に取り組めた」と平山雄介主将。「相手を意識せず、いつも通りの全力プレーを心掛けて国体出場につなげたい」と意気込んだ。

【みどころ】鶴岡東打線、二枚看板を打ち崩せるか
 関東第一は投手陣を軸とした守り勝つ野球が持ち味だ。鶴岡東にとって、好調な打線が相手の二枚看板を打ち崩せるかが勝利の鍵となる。東東京大会を勝ち抜いた攻撃力も侮れず、特に足を使った守備への揺さぶりには警戒が必要だ。優勝候補の習志野(千葉)を強打で撃破し、勢いに乗る鶴東の総合力が問われる試合になりそう。攻守に隙を見せない堅実なプレーを心掛けたい。

 鶴東は打線が当たっており2試合で計21安打。勝負強く好機をものにする集中力が光る。中でも5番丸山蓮は打率7割1分4厘をマーク。習志野戦では終盤に2打席連続本塁打を放ち、重苦しい雰囲気を振り払った。ベスト8入りを懸けた大一番でも局面を打開する一撃に期待したい。ここまで無安打の4番大井光来にも当たりが出れば、打線の勢いはさらに増すはずだ。

 対する関東第一の柱は制球力の高い技巧派の土屋大和と140キロ中盤の直球が武器の谷幸之助の両右腕。ともに試合の組み立てに長(た)けている。土屋は1回戦の日本文理(新潟)戦こそ振るわなかったが、続く熊本工(熊本)戦で粘投して自信を取り戻した。継投が基本だが、ともに完投能力があり、鶴東は甘い球を見極めながら、勝負どころで一気に畳み掛けたいところだ。

 相手打線は東東京大会の打率が3割9分。日本文理戦で本塁打を放った4番平泉遼馬ら中軸の長打力は脅威だ。1番大久保翔太を中心とした機動力も強みで、東東京大会で記録した19盗塁は今大会の出場チームで最多。熊工戦でも4盗塁を決めており、試合の主導権を握るため、積極的な走塁を仕掛けてくることが予想される。鶴東は投手陣が粘り強く投げ抜き、2試合続けて無失策の堅い守りで相手の流れを断ち切りたい。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から