県内ニュース

鶴岡東逆転、振り切った 全国高校野球、高松商(香川)に6―4

2019年08月10日 11:58
〈鶴岡東―高松商〉5回表鶴東2死満塁、5番丸山蓮が2点適時打を放ち3―2と逆転する=甲子園
 第101回全国高校野球選手権大会第4日は9日、甲子園球場で1回戦4試合を行い、3年ぶり6度目の出場の本県代表の鶴岡東は23年ぶり20度目の高松商(香川)と第4試合で対戦。6―4で勝利して2回戦に進んだ。

 鶴東は2点を追う五回に1死二塁から1番河野宏貴の適時二塁打で1点差に詰め寄り、5番丸山蓮が2死満塁の場面で三塁ベースで跳ねる2点適時打を放って逆転した。八回には2死二塁で6番森弦起の適時二塁打で追加点を奪い、最終回には2番竹花裕人が2点本塁打を左翼席に運んで駄目を押した。

 先発の影山雄貴は二、三回に1点ずつを失ったが、その後は持ち直し、6回を投げて2失点の力投。七回からは池田康平が引き継ぎ、相手の反撃を最終回の2点にとどめた。

好機に強打、小技絡め主導権
 大舞台で底力を発揮した。鶴岡東は高い集中力で得点を重ね、4年ぶりの夏の甲子園勝利をつかみ取った。山形大会を制する原動力となった強打だけでなく、小技も絡めた手堅い攻めで主導権を握り、「選手たちは本当に頑張ってくれた」と佐藤俊監督。持ち味の粘り強さで序盤の劣勢をひっくり返したナインの活躍をたたえた。

 相手は春夏通算4度の優勝を誇る伝統校。序盤は高松商の手堅い攻めと勝負強さに手を焼いた。2点をリードされる苦しい展開だったが、ナインに焦りの色はなかった。「普段通りにプレーすれば勝てる」。五回には8番宝田健太の左前打を足掛かりに犠打で好機を広げ、相手エースの速球に反応した1番河野宏貴の適時二塁打で流れを引き寄せると、2死満塁で5番丸山蓮が苦手とするチェンジアップに食らいつき、三塁ベースで跳ねる2点適時打を放って逆転に成功した。

 丸山はこの日が18歳の誕生日。第1打席ではアルプス席の仲間らが「ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー」の合唱で祝い、球場の観客も拍手で祝福する場面も。本人は「自分のことに精いっぱいであまり覚えていない」と照れたが、「こんな形で大勢の人に祝ってもらえてうれしい」。八回には相手の隙を突く攻めも展開。最終回に2点本塁打を放った2番竹花裕人は「自分の役割を果たそうとバットを振った結果」と力を込めた。

 大舞台で力を示した鶴東ナイン。2回戦は今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)と対戦する。「相手は気にせずに、一つのプレー、一つのアウトに集中していくだけ」と殊勲打を放った丸山。勝利におごらず冷静に次戦を見据えた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から