県内ニュース

民間避難ビル、夜間受け入れに限界 酒田・従業員数人、無人の場合も

2019年07月06日 12:38
津波避難ビルとして協力している庄内JAビルの非常階段。屋根もかかっており、「緊急時はここに避難してほしい」とする=酒田市山居町2丁目
 津波注意報が発表された先月18日の本県沖地震で、沿岸部に市街地がある酒田市では、避難指示などのない中で1200人超がビルや公共施設に避難した。浸水想定区域内には避難者を受け入れる民間の津波避難ビルが5カ所あるが、夜間で無人だったり従業員が数人の施設も。一刻も早く安全を確保したい市民と、民間ビルでできる対応の間に開きがあり、行政側の周知など課題があることが浮き彫りになった。

 地震発生から2分後の18日午後10時24分、津波注意報が発表された。市は防災ラジオや防災無線による市内全域への放送で海岸近くの人に避難を呼び掛けた。酒田市の把握では最大約1250人が避難した。

 市の津波ハザードマップによると、海に近く、最上川河口付近で浸水想定区域(要避難地域を含む)とされる住宅密集地の山居町、若竹町、千石町周辺は公共施設で高い建物がなく、市に協力する民間5施設が、緊急時に立ち入りを認める津波避難ビルに指定されている。誘導などの義務はなく、市との協定で業務時間帯に限り立ち入りを許可するビルもある。

 地震発生直後、住民が続々と津波避難ビルに集まったが、夜間で施錠されている所もあった。一部の避難者からは「緊急避難場所なのに開いていないとは」「なぜもっと早く入れないのか」との不満が漏れた。

 一方、ビルを管理する関係者からは「住民の命を守るためにと協力した結果、逆に悪い評価につながるようでは困る」「津波から逃れる場所を提供し、可能な限り対応していることを、市がもっと住民に周知してほしい」との声もあった。

 一帯の想定浸水開始時間は早い場所で15分ほどで、地震発生後にビル関係者が駆け付ける形では避難に間に合わない可能性が高い。

 避難ビルの一つ庄内JAビルは、夜間は無人だが、建物西側に幅が1.5メートルほどで壁に囲まれた非常階段があるため「緊急時は活用してほしい」と担当者。屋根もあり、4~5階部分だけで100人ほどが一時避難できる。この場所の住民への周知を市に依頼した。

 24時間体制で従業員のいるホテルリッチ&ガーデン酒田は、今回の地震で約180人を受け入れた。足の不自由な高齢者は従業員が背負って2階へ。無料で飲料水も配った。さらに遅い時間帯だった場合、従業員数人で宿泊客の対応をしながら受け入れなければならず、今回のような手厚い対応は難しくなるという。

 昼夜を問わず安全な避難場所を求める住民と、「住民の命を守るために協力したい」との思いはあっても限界がある民間の避難ビル。今回の地震後、市危機管理課は各ビルの管理企業などと協議を進めており「より良い在り方を模索したい」と話す。

鶴岡で津波11センチ―県が被害まとめ
 県は5日、本県沖を震源とする先月18日の地震による県内の被害状況などのまとめ(5日午後1時現在)を発表した。

 県防災危機管理課によると、地震発生から12分後の午後10時34分に鶴岡市鼠ケ関で11センチの津波を観測。同11時35分には酒田市で5センチの津波が到達した。鶴岡市の町内会や住民会の被害家屋調査では、温海地域270棟を含め市全体で554棟の被害が報告されている。農林水産被害額は1億6900万円。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から