県内ニュース

家屋の修理、勧誘に注意 本県沖地震・県外業者、高額請求も

2019年06月26日 08:37
小岩川自治会では防災行政無線を使い、地震に便乗した不審な業者に対する注意を呼び掛けた=25日、鶴岡市
 本県沖を震源とする地震で大きな被害を受けた鶴岡市温海地域で、県外業者から被災家屋の修理や工事を持ち掛けられ、高額な費用の請求を受けたなどとする相談が相次いでいる。市は地震に便乗した詐欺の可能性もあるとして注意を呼び掛けている。一方、25日、罹災(りさい)証明書発行に向けた家屋の被害調査が始まり、ボランティアが災害ごみの片付けに連日汗を流すなど、復旧に向けた活発な動きが見られた。

 温海地域では、家屋の修理や工事を請け負うなどと住民に持ち掛け、高額な請求や強引な勧誘をする不審な業者がいるとの情報が増えている。市と鶴岡署は「不審な業者がいたら相談してほしい」としている。

 市や同署によると21~25日、同地域の住民から計13件の相談が寄せられた。県外ナンバーの車で来た男が被災者宅を訪問。「屋根瓦の修理を請け負う」などと話して住民を説得し、ブルーシート張りに数万円、屋根全体の修理費として50万円を請求されたこともあった。「保険金が満額下りない場合がある。仲介料を出してくれれば、満額出るように動く」などと話しているケースもあるという。

 同市鼠ケ関の会社員男性(58)は地震発生翌日、30代くらいの男に「崩れた自宅の屋根瓦にブルーシートを張らないか」などと持ち掛けられて代金3万円を提示されたという。元々別の業者に依頼しており断ったが、「『梅雨の時季なので』と繰り返し、話に乗せようとしてきた。しつこい印象があった」と話す。

 市は広報チラシを作成し、被害状況調査の担当者が各戸を回る際に配布。温海地域でも被害の大きい小岩川地区では防災行政無線で注意喚起している。

不審な業者への注意を呼び掛けるチラシ

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から