県内ニュース

本格復興へ、休日フル稼働 本県沖地震

2019年06月23日 11:04
 本県沖を震源に県内で最大震度6弱を観測した地震発生後、初の週末となった22日、大きな被害を受けた鶴岡市小岩川地区では休日を利用し、本格的に後片付けする住民の姿があった。一方、休業状態だった同市のあつみ温泉では、一部の旅館で営業を再開。サクランボ狩りや渓流釣りなどを楽しみに宿泊予約していた観光客が訪れ、早期復旧を願い関係者にエールを送った。

地震発生後初の週末を迎え、家の中の家具を整理し清掃する住民=22日午前10時28分、鶴岡市小岩川
【鶴岡・小岩川】片付け支援求める声
 市の「応急危険度判定」で、危険と認定された家屋が最多だった小岩川地区の家々では、住民が掃除や片付けに汗を流す姿が見られた。家の損壊場所が新たに見つかるケースや、がれき処理が困難な高齢世帯もあり、早急なボランティア派遣を求める声も聞かれた。

 朝から天候がすぐれず、時々強く降る雨が「要注意」「危険」など応急危険度判定結果が張られた家々をぬらしていた。あちこちに屋根瓦などがれきの山があり、瓦が落ちた屋根では建設作業員が、雨漏り防止のブルーシートを張る作業に追われていた。

 榎本進一さん(89)は自宅で、ひび割れた室内の壁をはがしていた。新たに見つけた壁の破損もあり、「自然災害と受け入れているが一度にやるのは無理。徐々に作業するしかない」と汗を拭った。1人暮らしの本間健三さん(73)は「親戚の手伝いもあって家の中はほぼ片付いた」としたが、「普段は1人だから、大きな余震が来ないか不安だ」と語った。

 自治会長本間新一さん(68)によると、地区は約150世帯400人が暮らしており、76棟で屋根瓦の崩落が確認された。がれきの処理は高齢者には一苦労で、本間さんは「市にがれきを運搬するトラックの貸与や、処理を手伝ってくれるボランティアの派遣を要請したい」と力を込めた。

 一方、ホームの復旧工事が進められていたJR羽越本線小岩川駅が使えるようになった。近くの本間二吉さん(82)は「平日だと高校生が多く利用するから、復旧にほっとしている」と表情を和らげた。

埼玉県から訪れた宿泊客を笑顔で迎える若松邦彦支配人(右)=22日午後1時15分、鶴岡市・温海荘
【あつみ温泉】県外ファン、足運ぶ
 県内有数の温泉地・あつみ温泉は、地震の影響でキャンセルが相次ぎ観光客の姿もまばら。それでも営業を再開した旅館には、首都圏からファンが訪れた。「思ったより被害は大きくなさそう」「思い出の地だから早く復興してほしい」。笑顔で声を掛けながら、旅館関係者を励ました。

 6人が乗った春日部ナンバーのミニバンが、あつみホテル温海荘の前に止まった。埼玉県三郷市、会社員佐藤厚子さん(56)は、同僚とともにイワナ釣りとサクランボ狩りを楽しみに20年来の定宿を訪れた。ニュースで地震を知り驚いたが電話で確認し、予定通りの宿泊を決めた。「自然に囲まれ、英気を養うにはとても良い場所。たくさんの人に来てほしい」と話した。

 オートバイでツーリングしていた新潟市北区、会社員神田孝一さん(51)は朝風呂のため共同浴場に。「あつみ温泉の旅館に新婚旅行で宿泊した思い出がある。何とか早く復興してほしい」と願った。

 3カ所ある共同浴場は、地元の人たちも多く利用しており、住民同士の交流の場。近くのパート従業員村上勝子さん(65)は「この辺は浴槽の無い家が多く、地域住民にとっては欠かせない。営業再開し喜んでいる」と目を細めた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から