県内ニュース

市、国と連携し迅速支援 本県沖地震・吉村知事が鶴岡の被災地視察、考え示す

2019年06月22日 07:33
小岩川地区の被災状況を視察する吉村美栄子知事と皆川治市長(左)=21日午後5時33分、鶴岡市
 本県沖を震源とした震度6弱の地震から4日目の21日、吉村美栄子知事が初めて鶴岡市の被災現場を訪れた。皆川治市長や漁協関係者などと共に被害の大きかった漁港や住宅地を視察。現状を見て、住民らの要望を聞いた吉村知事は、市や国と連携し迅速な支援を行う考えを示した。

 市で最も水揚げ量の多い鼠ケ関漁港では、岸壁に生じた約30センチの段差や路盤の亀裂などを確認。車両の通行に影響が出ており、市と県漁協は早期復興を求める要望書を吉村知事に提出した。小岩川地区では、「応急危険度判定」で危険とされた住宅などを見て回り、割れた瓦の撤去など、懸命に復旧作業を続ける住民をねぎらった。

 視察後、吉村知事は「一日も早い復興に向け、国の制度も活用しながらできる限り支援する」と話し、皆川市長は「住宅再建が一番の課題。罹災(りさい)証明発行に向けた調査を急ぎ、がれきの撤去はボランティアの協力を求めたい」と述べた。

 県のまとめによると、負傷者数は20日時点から2人増えて23人となった。新たに分かった2人は10代と20代の女性で、割れたガラスなどで軽いけがをしたという。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から