県内ニュース

上山市長選、一騎打ちへ あす告示、6市議選は140人出馬表明

2019年04月13日 07:36
 県内統一地方選の第2ラウンドで行われる上山市長選と山形市など6市議選は、14日に告示される。上山市長選は現新の一騎打ちが確実な情勢で、市議選は定数計122に対し、山形新聞の集計(12日現在)で計140人が立候補を表明している。投開票はいずれも21日。

 任期満了に伴う上山市長選に立候補を予定しているのは現職で4選を目指す横戸長兵衛氏(72)=二日町=と、新人の会社役員柴田悦夫氏(67)=新湯。12年ぶりの選挙戦は、2人による戦いになる公算が大きくなっている。

 横戸氏は3期12年の実績をアピールしながら「きらりと光るまちづくりを進める」と強調。定住人口の増加や雇用拡大、産業の振興などを公約に掲げる。自民党上山支部と公明党県本部の推薦を受ける。

 柴田氏は「衰退する上山を元気にしたい」と訴える。廃湯を使った農業や映像を活用した観光振興による市の活性化などを打ち出す。河村たかし名古屋市長が率いる政治団体「減税日本」から推薦を得た。

 7日現在の有権者数は2万6568人(男1万2622人、女1万3946人)。

   ◇

 市議選が行われるのは山形、米沢、新庄、寒河江、上山、長井の6市。立候補者の内訳は現職98人、元職6人、新人36人。女性は22人が出馬を予定している。

 定数33の山形市は41人が出馬の準備をしており、定数8オーバーの激戦が予想される。米沢市は立候補予定者数が定数を4上回り、新庄、上山、長井の各市は1~3人の超過。寒河江市は定数と同じで無投票の可能性が出ている。

 第2ラウンドでは他に、大蔵村長選と9町村議選が16日告示、21日投開票の日程で行われる。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から