県内ニュース

【2019統一選】春風吹き笑顔満開 平成最後の県議選

2019年04月08日 10:18
長男の周(あまね)ちゃんを抱きかかえて喜ぶ原田和広さん=山形市
 繰り返される万歳に、鳴りやまない拍手。「決まった、当選だ」―。平成最後の県議選に7日、有権者の審判が下った。混戦を制した現職、全力で突っ走り初陣を飾った新人が、事務所に詰め掛けた支持者と共に喜びに浸った。一方、当選ラインに届かず肩を落とす現職も。明暗がくっきりと分かれた。

【山形市区】
原田さん、支援者とハイタッチ
 山形市区で初当選した原田和広さん(46)。午後10時すぎに事務所に吉報が届くと、支援者とハイタッチして喜びを爆発させた。2014年冬の衆院選で県1区に非自民系候補として出馬し、落選。当時の“リベンジ”を果たすような勝利に、「正直、信じられない気持ち。ここまで支えてくれた皆さんのおかげで勝つことができた。吉村県政の発展に努めたい」と決意を語った。

遠藤さん、祖母に最良の報告
 山形市区の遠藤和典さん(49)は市議から転身を果たした。前日、同居の祖母よね子さん(97)を亡くしたが、最後まで街頭に立った。「地域の皆さんを大事にしていた」。祖母から学んだ姿を選挙戦でも貫徹し、「支えてくれた人たちの笑顔が見られて良かった」。1票を投じてから往生したというよね子さん。にこやかに眠る祖母に、「当選した」と最良の報告を届ける。

大内さん連続トップ「支援のおかげ」
 山形市区で2期連続のトップ当選を果たした大内理加さん(56)。早々と当選確実の一報が伝えられると、100人近い支持者が集まった事務所は歓声と拍手に包まれた。全員で万歳三唱をして喜びを分かち合い、「大勢の人に支えられて今がある。子どもの貧困撲滅やインフラ整備に取り組みたい」とあらためて決意表明。支援者から次々に花束を受け取り、満面の笑みを浮かべた。

当選の一報を聞きガッツポーズする菊池大二郎さん=村山市
【村山市区】
菊池さん「希望の幕開けだ」
 村山市区菊池大二郎さん(36)の事務所に、わずか13票差で勝利したとの一報が届くと、支持者から「やった」「とったぞ」と雄たけびが上がった。菊池さんはガッツポーズで喜びを表し、涙を流しながら集まった人と抱き合った。万歳を繰り返し「徹底した草の根運動で大組織と戦った。市内を隅々まで回り、輪を広めることができた」と振り返り「新時代への希望の幕開けだ」と叫んだ。

能登さん、肩を落として「うそだろう」
 再選を目指した村山市区の能登淳一さん(64)の事務所では、相手候補の当選が伝わると、事務所に集まった約60人の支援者からは「13票差」「うそだろう」という声が上がり、がっくりと肩を落とした。能登さんは言葉を詰まらせながら「皆さんに頑張っていただいたのに申し訳ない。議席を守ることができなかったのは私の力不足」と語り、支援者に深々と頭を下げた。

集まった支援者に手を振り、感謝を伝える高橋淳さん(右)=鶴岡市
【鶴岡市区】
高橋さん、何度も「ありがとう」
 鶴岡市区で初当選を遂げた高橋淳さん(52)は支援者と共に地元の公民館で開票速報を見守った。午後10時15分ごろに当確が伝えられると、会場は歓声と拍手が沸き起こり、高橋さんは正座したまま頭を深く下げ、「ありがとう」と何度も繰り返した。駆け寄る支援者と抱き合い、握手を交わし、「声援を力に走ってきた。地域のためにまだまだ走っていく」と決意を語った。

今野さん、涙の支援者と握手
 初当選した鶴岡市区の今野美奈子さん(59)の事務所では、テレビで当確の知らせを受けると詰め掛けた支援者約20人が歓声を上げた。今野さんが登場すると祝福のボルテージは最高潮に。全員で万歳三唱、涙ぐむ支援者と握手を交わした今野さんは「皆さんとのつながり、支援のおかげで当選することができた。女性の声を県政に届けるため一生懸命活動する」と意欲を示した。

現職最多タイの志田さん、後援会の熱い思いに感謝
 現職最多タイの7選を果たした鶴岡市区の志田英紀さん(68)。当選確実となった午後10時半すぎに事務所に入った。支持者から「おめでとう」「よく頑張った」と祝福を受けて握手を交わし、万歳三唱。県議会議長の公務と並行しての選挙活動となったが、フル稼働してくれた後援会のメンバーに「ここまで支えてもらった選挙はなかった。熱い思いを頂いた」と感謝し、笑顔を見せた。

関連写真

  • 4選を果たし花束を受け取る大内理加さん=山形市
  • 支持者と握手をする遠藤和典さん(右)=山形市千歳1丁目
  • 支持者と握手を交わす今野美奈子さん(左)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から