県内ニュース

【高校サッカー】きょう27日決勝 羽黒と東海大山形が対戦

2018年10月27日 08:43
PR
 第97回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、山形新聞、山形放送など主催)は、27日午後0時5分から天童市のNDソフトスタジアム山形で決勝を行い、羽黒と東海大山形が対戦する。羽黒は2年連続7度目、東海大は4年ぶり2度目の栄冠を懸け、持ち味をぶつけた好勝負が期待される。

 県高校総体覇者の羽黒は、アンカー(中盤の底)を置いた4―1―4―1の陣形を基本にする。後方からパスをつなぎ、ボール保持率を高めて前進する。複数選手が中盤の核となるポジションを担うことができ、本街直樹監督は「これまで通りにしっかりパスをつなぎたい」。準決勝で2得点のFW山口快も好調だ。

 守備陣は県総体と今大会で無失点を継続している。インターハイ後は守備力強化に注力。前回の全国を経験しているメンバーも多く、主将のDF星野竜弥は「経験から勝負どころをつかんでいる」と自信を見せる。

 東海大は4―4―2の陣形を基本とする。両サイドのスピードを生かした攻撃が一番の強み。今大会は通算49得点を挙げている。前線で起点となるFW佐々木勇信がパスを受け、素早く展開できれば好機は広がる。ヘディングにも強い佐々木は「体を張って相手を引きつけたい」と意気込む。

 準決勝は終了間際の失点があったが、DFラインは競り合いの強さを誇る。試合巧者の羽黒に対し、走力面を十分に生かした戦い方を貫く。五十嵐直史監督は「粘り強く守り、少ないチャンスをものにしたい」と試合を見据えた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から