最上川200キロを歩く~小学生探検リレー2019

第11週 庄内橋(庄内)―最上川河口(酒田)動画はこちら[動画]

広がる海に思いはせ

港湾業務艇「みずほ」に乗船し海上から望む景色を楽しんだ=酒田市
港湾業務艇「みずほ」に乗船し海上から望む景色を楽しんだ=酒田市
 「最上川200キロを歩く」は最終週の20日、三川町東郷小の4~6年生35人が担当した。5月に米沢市の最上川上流域から始まった探検はフィナーレを迎えた。河川の大切さを学び、ごみを拾って環境保全の重要性を実感。船で日本海に飛び出し、海とつながる母なる川の雄大さや積み重ねられた歴史に思いをはせた。

 「ごみが落ちてた!」。澄み渡るような青空に元気な声が響く。この日のために事前学習会を開き、プラスチックごみの問題について考えた子どもたち。一部の区間では、空き缶やたばこの吸い殻といったごみを拾い集めながら歩いた。

 探検リレーには、放課後子ども教室の企画などを手掛ける東郷小の学校開放コーディネーター早坂俊幸さん(38)も同行。子どもたちが集めたごみを前に「どうしたらごみを出さないようにできるか考えてほしい」と問題を提起した。

 最終地点が見えてくると足早になり、最後はみんなで駆けだした。両手を挙げてゴール。その先には、母なる川が注ぎ込む日本海が広がっていた。酒田港の役割を学習後、国土交通省酒田港湾事務所の港湾業務艇「みずほ」に乗船し、同港周辺を航行。心地よい潮風に名残惜しさを感じながらも、最後は笑顔で探検を締めくくった。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から