最上川200キロを歩く~小学生探検リレー2019

第8週 隼橋(村山)―大蔵橋(大蔵)動画はこちら[動画]

いいこと知った 大石田観光ボランティアガイド「虹の町案内人」代表・矢作善一さん

最上川舟運の歴史や水害などの話を聞かせてくれた「大石田観光ボランティアガイド虹の町案内人」代表の矢作善一さん
最上川舟運の歴史や水害などの話を聞かせてくれた「大石田観光ボランティアガイド虹の町案内人」代表の矢作善一さん
 大石田町は明治の頃まで最上川舟運の中心的な場所だった。町の上流には三難所と呼ばれる場所があり、そこを通るには大きい舟から小型舟に乗り換える必要があったため、中継地点としてにぎわった。

 最も栄えていたのは1600年代後半の元禄の頃で、当時は500隻近い舟があったとされる。そのうち1割に当たる50隻が同町に駐留するとしても大変なにぎわいだっただろう。コメだと最高で24万俵、10トントラック1440台分が毎年酒田に運ばれた。

 1901(明治34)年に大石田まで鉄道が通ると、荷物は舟ではなく列車で運ぶようになった。舟を持っていた人は地主や商人になり、船大工は家を建てる大工になった。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から