最上川200キロを歩く~小学生探検リレー2019

第5週 新五百川橋(朝日)―簗瀬橋(寒河江)動画はこちら[動画]

ダム活躍、大きいね

寒河江ダムでは遠くに見える噴水を背に、「ツール・ド・さくらんぼ」に参加した自転車に声援を送った=西川町
寒河江ダムでは遠くに見える噴水を背に、「ツール・ド・さくらんぼ」に参加した自転車に声援を送った=西川町
 「最上川200キロを歩く」の第5週は8日、山辺町山辺小の4、5年生35人が参加した。西川町の寒河江ダムを見学し、治水や発電、水道水の供給などダムの役割を学んだ。最上川の周辺に生息する生き物とも触れ合い、川がなくてはならない存在であることを肌で感じた。
(本紙取材班)

 寒河江ダムでは操作室やダム底部の堤体を点検するための施設など普段見られない場所を見学、スケールの大きさに驚いた。ダムの水が子どもたちが住む山辺町にも水道水として供給されていると聞き、自分たちの生活とも結び付けていた。ダム周辺では目の前を走り抜ける「ツール・ド・さくらんぼ」の自転車にも遭遇。手を振り、エールを送った。

 大江町のふれあい会館で子どもたちを待っていたのは、大きさも色も多様なカエルや魚、そしてヘビ。普段生き物と触れ合うことはないという子どもも、動きを観察し、実際に触れて口々に「かわいい!」。最上川のおかげで命をつなぐ生き物たちを目の当たりにした。

 直後の水質検査では少量の炭酸ジュースが水を汚すことを学んだ。触れ合ったばかりの生き物たちのためにも、きれいな川を守ることの大切さを実感した。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から