最上川200キロを歩く~小学生探検リレー2019

第4週 睦橋(白鷹)―新五百川橋(朝日)動画はこちら[動画]

仲間と一緒、自然感じ

最上川沿いを仲良く手をつないで歩く子どもたち=白鷹町
最上川沿いを仲良く手をつないで歩く子どもたち=白鷹町
 「最上川200キロを歩く」の第4週は1日、白鷹町東根小の4年生19人が同町の睦橋から朝日町の新五百川橋の区間を担当した。川の逆流を防ぐ設備や下水をきれいにする方法を学び、巨石「つぶて石」の伝説にも耳を傾けながら地域の歴史、文化に触れた。

「最上川が見えた!」。歩きだしてすぐ、左手に大きな川を確認すると児童は歓声を上げた。川岸周辺の景色や草花、飛んでいる鳥などにも興味を示し「あれは何だろう」。仲間と手をつなぐ場面もあり、爽やかな風を感じながら元気よく進んだ。

 川沿いの施設では新たな知識を得た。大雨の時に活躍する畔藤(くろふじ)排水機場を見学し、川から田んぼに逆流した水をポンプでくみ上げる仕組みを学んだ。国土交通省の緊急資材倉庫では、土砂の代わりに水をビニール袋に入れた「水土のう」作りを体験し、浸水を防ぐための備えに理解を深めた。

 フットパスの先で出合ったのは大きな「つぶて石」。豪傑の侍が山の頂上から投げたという伝説が残る。そびえ立つ石を目の当たりにし、子どもたちは引き寄せられるように手でなでた。最後は川の水の透明度を確かめ、親しんだ最上川を守る気持ちを強くした。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から