わいわい子育て

世界の子育て

現地編 米国アラスカ州在住の圭・フレクシングさん(中山出身)

2021年12月7日掲載
令彩ちゃんの百日祝いで撮影した圭さん(右奥)の家族写真。愛犬のココ(左)とニコ(右)も一緒に=米国アラスカ州・アラスカ大近く
令彩ちゃんの百日祝いで撮影した圭さん(右奥)の家族写真。愛犬のココ(左)とニコ(右)も一緒に=米国アラスカ州・アラスカ大近く

 海外出身者が母国の子育てを紹介する「世界の子育て」は今回、現地編として外国で暮らす本県出身者が登場する。米国アラスカ州に住む圭・フレクシングさん(31)=中山町出身=に子育て環境の違いを聞いた。

 圭さんは山形西高を卒業後、スポーツ選手を心身ともに支えるアスレチックトレーナーを目指して渡米した。4年制大学を卒業して国家資格を取り、大学院でスポーツ心理学の修士課程を修了。現在はアラスカ州にあるアラスカ大フェアバンクス校でアスレチックトレーナーとして勤務し、セミプロとして活躍する学生をサポートしている。警察官の夫(32)=カリフォルニア州出身=と、長女令彩(れいあ)ちゃん(10カ月)の3人家族。

■出産・育児休業―夫の産院立ち会い、一般的

 新型コロナウイルス感染拡大の中、互いの親を頼れない環境で現地での出産を選んだ。米国では男女ともに最長で12週間の無給の育児休業を取得できる。有給や無給の休暇を充てて延ばすこともできる。

 圭さんは予定日直前まで仕事を続け、結果的に陣痛が来る前日まで働いた。夫は陣痛が来た瞬間から4週間の育休に入った。産院では夫の立ち会いが可能で、連絡を受けた医師が到着するまで看護師と一緒に脚を支えたり、へその緒を切ったりという参加型。「妻の出産で夫が休むのは当たり前。立ち会うのも一般的です」と圭さん。産院は自然分娩の場合48時間まで保険を適用でき、ほとんどのママが2日で退院する。3日目以降も入院する場合は部屋代だけで1日30万円ほどかかるという。

■保育施設―入所できず子連れ出勤も

令彩ちゃんを職場に連れて行くと、選手や職員が歓迎してくれ、抱っこしてあやしてくれることもある
令彩ちゃんを職場に連れて行くと、選手や職員が歓迎してくれ、抱っこしてあやしてくれることもある

 3人が暮らすフェアバンクスは元々、乳幼児数に対して保育施設が足りておらず、コロナ禍でさらにクラスが減り、入所がかなり困難になっている。

 

 圭さんは妊娠が分かってすぐに「保活(保育施設に入るために行う見学や申請)」を始めたものの、いまだに入所できていない。現在はベビーシッターをお願いするか、デスクワークの日に職場に連れて行くなどしてやりくりしている。職場は子連れ出勤が歓迎され、令彩ちゃんを訪ねて毎日会いに来る人がいるほど。常にそばにいる家族は両親のみと限られる中で「選手や職員との触れ合いは良い刺激になっている」と圭さん。

 保育料は1カ月14万円ほどかかり、ベビーシッターには時給15~20ドル(2千円前後)を支払うのが一般的だ。保育にかかる金額が高く、仕事を辞める人も。米国は仕事を変えてキャリアアップする国で、辞めることは多くの場合マイナスにならないそうだ。

■学校教育―小学生から先取り学習

 義務教育は小学校から高校までで、地域によって中高の学年数の区切りはまちまち。小学校に併設されていることが多いプレスクール(3~5歳、保育園)やキンダーガーデン(5~6歳、幼稚園)を経て、小学生になる。小学生のうちから学習習得レベルにあった教育がなされ、先取りして学ぶのも一般的。高校に通いながら大学の授業を受けることも可能で、大学入学時に既に単位を持ち、3年で卒業する人もいる。

 圭さんは日本の学校教育は、掃除や料理、集団行動など生活の基本、人として生きていくために大切なことを教えてくれると違いを挙げる。「米国では男女ともに掃除や料理が苦手な人が多い」と指摘した。

■これから―多彩な挑戦させたい

 外では英語を使うため、家の中で使うのは日本語。夫は日本語が話せるので、寝る前には「いないいないばあ」や「ねむたいねむたい」といった絵本を夫が読み聞かせしている。

 令彩ちゃんにはいろいろなことにチャレンジさせたいと圭さん。「子どもは無限の可能性を持っているし、日々本当に成長する。子どもの想像力、創造力には驚かされる。自分の人生を切り開けるような強い子になってほしい」と目を細めた。

■食習慣―サーモン釣って薫製に

スモークサーモンディップ
スモークサーモンディップ

 夏は釣りを、秋は狩りをして食料を確保する習慣がある。夏はサーモン釣りで大忙し。1人が1日3~5匹釣ることができる。冷凍庫がいっぱいになったら薫製にして瓶詰めに。

 圭さんがアラスカに住む親戚に教えてもらったアラスカらしいレシピを紹介する。

◇持ち寄りパーティーでも喜ばれる「スモークサーモンディップ」

▽材料(作りやすい量)

 瓶詰めされたスモークサーモン100グラム、クリームチーズ100グラム、タマネギ1/4~1/2個、マヨネーズ大さじ3、生のディル一つかみ(乾燥なら一つまみ)

  • (1)サーモン、タマネギ、ディルを刻む。
  • (2)全部混ぜる。
 ◆圭さんから一言 好みでセロリを入れると食感が楽しい。パンやクラッカーに付けておやつに。ベーグルに挟んで昼食にするのもお薦め。
[PR]
[PR]