わいわい子育て

アラカルト

新幹線を見にゴー!ゴ・ゴー! 県内沿線のお薦めスポット紹介

2021年8月3日掲載

 夏休みは新幹線に乗って旅行に行きたいけれど、新型コロナウイルスの影響で遠出はまだちょっと…という家庭も多いのでは。そんな時は新幹線を見に行って、気分を高めてみよう。乗るのも楽しいけれど、いろんな角度から見てみるのも面白い。「つばさ」が近くを通る公園や施設を紹介します。涼しい時間帯に出掛けたり、木陰で休んだり、熱中症対策をしっかりして楽しもう。

【新庄・最上中央公園】発着駅脇、輝く雄姿

最上中央公園から見るつばさ。長旅を終え、新庄駅に到着する=新庄市市
最上中央公園から見るつばさ。長旅を終え、新庄駅に到着する=新庄市

 JR新庄駅東側にある最上中央公園はかむてん公園の愛称で市民に親しまれている。公園西側に線路があり、つばさが東京に向けて走りだす雄姿に「頑張れ、いってらっしゃい」、長旅を終えた車体には「お疲れさま」と声を掛けたくなる。大型でカラフルな遊具や小さな丘に加え、有料の屋内多目的施設「すぽーてぃあ」などがあり、子どもから大人まで幅広い世代の憩いの場だ。

【村山・甑葉プラザ】目の前をゆっくり通過

甑葉プラザ駐車場からは、つばさを間近で確認できる=村山市
甑葉プラザ駐車場からは、つばさを間近で確認できる=村山市

 村山市の甑葉プラザはJR村山駅から徒歩5分の場所にあり、施設西側の駐車場からは村山駅発着のつばさを目の前で見ることができる。駅に近いためスピードがゆっくり。シャッターチャンスの時間も長い。  屋上テラスからも線路を見下ろすことができ、さまざまな角度から新幹線を楽しめる。施設内には市立図書館やオープンカフェがあり、こちらでもゆっくり過ごせそう。

 

【山形・健康の森公園】遊びながら手を振って

遊具で遊びながらつばさを眺めることができる健康の森公園=山形市
遊具で遊びながらつばさを眺めることができる健康の森公園=山形市

 山形市の県立中央病院と県立保健医療大の間にある健康の森公園は、大型の遊具や村山高瀬川に架かる橋があり元気いっぱいに遊ぶことができる場所だ。歩道には「きらめきの路(みち)」「いこいの路」などの名称が付いており、つばさは公園西側を通過する。近くで手を振るも良し、遊具で遊びながら眺めるも良し。丘があちこちにぽこぽこあり、上ると見える景色もさまざまだ。

【南陽・烏帽子山公園】緑のトンネル走るよう

烏帽子山公園北側を走る「とれいゆつばさ」。緑色を基調とした車体が、周辺の木々に溶け込んでいるようだ=南陽市
烏帽子山公園北側を走る「とれいゆつばさ」。緑色を基調とした車体が、周辺の木々に溶け込んでいるようだ=南陽市

 桜の名所として知られる南陽市の烏帽子山公園は、四季を通していろいろな表情を見せる市民憩いの場所だ。公園北側を電車が通り、散策をしながら眺めることができる。葉っぱが生い茂り、枝の間から見えたつばさは“緑のトンネル”をくぐっていた。土日祝日を中心に運行する「とれいゆつばさ」は、グリーンの車体が周囲の木々の緑に溶け込んでいるよう。木陰を歩くとセミの鳴き声が聞こえ、抜け殻探しも楽しそうだ。

[PR]