家づくりコラム家識

⓭「気になる、基になる、木のはなし」Part2

木材に囲まれている男性のイラスト

家づくりには欠かせない木のはなしの第2弾です。今回は、第1弾(家識❷)で紹介した6つの樹種に続き、建築用木材としてよく用いられる4つの樹種の特徴や用途を紹介するとともに「無垢材と集成材」、「構造材と造作材」についても解説します。見た目の印象はもちろん、家の強度や快適性にも関わってくる木材選び。適材適所となるように木について少し詳しくなっておきましょう。

1.ナラ(ブナ科:落葉広葉樹)

ナラの木とは、コナラやミズナラなどの総称。木材としてナラ材という時は、ミズナラを指すことが多いようです。また、ナラ材というよりは「オーク」と言った方がピンと来るかもしれません。特徴としては、硬くて傷つきにくく耐久性・耐水性にも優れ、木目もしっかり出るのでフローリングや家具など幅広い用途に適しています。

2.クリ(ブナ科:広葉樹)

耐久性や耐水性に優れ、高い防腐性を持ち虫の害にも強いことで知られているクリ材は、昔から家屋の土台や湿気の多い浴室などの水回りに活用されてきました。また、はっきりとした木目や粗い肌目は漆などを塗ると独特の表情、美しさが出ることから床柱や家具、工芸品などにも利用されています。

3.ヒバ(ヒノキ科:針葉樹)

ヒバと言えば、天然林の青森ヒバが有名ですが、その特徴は殺菌性の高いヒノキチオールの含有量が多いため腐りにくく耐水性に優れているということが言えます。そのため神社仏閣等でも使用されることの多い木材です。また、ヒノキと同等の強度もあり、湿気や水に強いことから土台や柱、ぬれ縁、浴室、ベランダなどにも用いられます。

4.アカマツ(マツ科:針葉樹)

マツには様々な樹種がありますが、その中でも樹皮が赤みがかっているものをアカマツといい、主に建物の梁、敷居の摩擦部、和室の床柱などに使用されます。また、アカマツとよく似たレッドパイン(欧州アカマツ)は、針葉樹ならではの柔らかさと適度な強度を持ち合わせていることからフローリング材としても好まれています。

◎無垢材と集成材

無垢材は、1本の木から切り出した天然の木材。天然の木は、伐採された後も呼吸を続けているため調湿作用に優れており、断熱効果はコンクリートの2倍と言われています。その反面、後々割れや反りが生じやすいといったデメリットもありますが、それを経年変化として楽しむという考え方もあるようです。一方の集成材は、複数の木材を接着材で貼り合わせてプレスした加工木材。品質や強度にばらつきがなく扱いやすい木材です。かつてはシックハウスの原因ともされていましたが、今の接着剤には有害物質は一切含まれておらず、安心して使用できるようになっています。

◎構造材と造作材

一口に木材と言っても様々な樹種があり、それぞれの特徴を生かした用途があることを紹介してきましたが、住宅用の木材の場合は、構造材と造作材に大別することができます。構造材とは、柱や梁(はり)、桁(けた)、基礎と骨組みをつなぐ土台、家の強度を増すための筋交いなど、家の骨組みにあたる部分に使用される木材のことを言います。一方の造作材は、建物内部に使用される木材のことで、一般的には天井や床、ドアやクローゼットの扉、腰板など直接人の目に触れる木材のことを指します。