家づくりコラム家識

❶「やましん住宅展示場」見方の味方

モデルハウスを見学しようと準備している二人のイラスト

やましん住宅展示場には、「ハウジングプラザ平清水」と「すくすくタウン2」合わせて25棟のモデルハウスがあります。どのモデルハウスをどんな順序で見学するのが効率的で、どんな見学の仕方をすれば満足度の高いマイホームが実現できるのか。初回となる今回は、展示場見学のポイントをご紹介しましょう。

ポイント1
理想の生活スタイルをイメージしよう。

このホームページの出展社ページやチラシ、雑誌などを事前にチェックし、家族の好みや理想に合ったモデルハウスをピックアップ。見学する順序も決めておくと、ムダなくスムーズに回れます。また、「ハウジングプラザ平清水」のセンターハウス(管理棟)には、出展社すべての資料がそろっていますので、見学前に立ち寄って、ここで見学ルートを決めるのもおすすめです。

ポイント2
家族のチェックシートがあると便利!!

「どんな家でどんな暮らしがしたいのか」家族それぞれのこだわりポイントをまとめたチェックシートや知りたいことをまとめた質問シートを作ってもっていくととても便利です。見学のスピードアップにも質問の聞き逃し防止にも効果的。あとで比較検討する際の参考にもなります。

ポイント3
ショルダーやリュックで軽快に!

モデルハウスをしっかり見学するためには、服装や持ち物も重要です。階段を上り下りしたり、扉を開閉してみたり、水回りの動線を確認してみたり……、それが2棟、3棟と続くとなかなかの運動量。ですから、できるだけ動きやすいカジュアルな服装をおすすめします。また、いろいろ体感するためには両手が自由に使えるショルダーバッグやリュックでのご来場がベストです。

ポイント4
ご来場予約でスムーズ見学!!

もちろん、事前予約なしでも見学できますが、特に来場者の多い週末などは予約」をしておくほうが得策です。待ち時間も少なく、見学も打ち合わせもスムーズに行え、予約特典もあります。ご見学を希望するモデルハウスの紹介ページにある「来場予約」アイコンをクリックすると予約フォームが表示され、簡単に予約が可能です。

ご来場予約一覧ページはこちらから!