山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼海=酒田市宮海から遊佐町吹浦にかけてキスが好調で、早朝が狙い目。河口域を中心にジグでマゴチやヒラメの釣果もある。鶴岡沿岸の各漁港では10~15センチのアジが狙える。朝や夕方のサビキ釣りで15匹ほど。加茂や堅苔沢など砂地がある漁港で20~25センチのキスもぽつぽつ釣れている。
 ▽▼船=酒田沖はマダイが1人5~10匹で、サイズは40~60センチ。夜には20~30センチのアジが釣れる。飛島沖は胴長15~20センチのスルメイカ、20~30センチのメバルが狙える。鶴岡沖で50センチほどのマダイの釣果がある。タイラバやコマセ釣りで狙う。1キロ超のアカムツもぽつぽつ。
 ▽▼川=酒田市八幡地域の荒瀬川上流でアユが好調。最上川などの河口付近では夜にスズキが狙える。

【最上】

 ▽▼アユ=舟形町、最上町の最上小国川では16~20センチが10~40匹。鮭川村の鮭川では同サイズが10~30匹。全体に水温が高く、渇水気味で活性が低い。流れのある瀬を狙うと良い。
 ▽▼ヘラブナ=新庄市の最上公園で25~30センチが10~40匹。餌は両だんご。かっつけ釣りで。

【内陸】

 ▽▼ヤマメ=最上川第一漁協は19日、朝日町の朝日川で20センチ前後を約120キロ放流した。1人5匹ほど釣れる。
 ▽▼アユ=寒河江市の寒河江川は依然として水が濁り、影響で釣りができない。
 ▽▼ヘラブナ=天童市の原崎沼は最大10匹、東根市のえびづる沼は多くて5匹ほど釣れる。いずれも水温が高く食いが渋い。上山市の前川ダムは引き続き好調で20匹前後。餌は両だんご。
 ▽▼コイ=寒河江市の最上川は村山橋付近で40~50センチが狙える。日中は気温が高く、早朝または夕方がお薦め。

【置賜】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=飯豊町の置賜白川上流部は、23~28センチ程度のイワナが約10匹狙える。小国町の金目川では23センチ前後のイワナが20匹ほど。暑さ続きで水温が上がり、米沢市内の河川は活性が低い。午前9時を過ぎると期待できない。まとまった雨で水温が下がれば状況は改善しそう。
 ▽▼アユ=小国町の荒川では、20匹ほど釣れ、大きさは20センチ程度。
 ▽▼ヘラブナ=高畠町の蛭沢湖は減水が進み釣り場が増えている。15匹ほど狙える。底釣りの両だんごがお薦め。
2021年7月23日掲載

 山形新聞のモバイルサイト「モバイルやましん」「モバイルやましんスマート」では東北各県の釣果情報を提供しています。詳しくはこちら

[PR]
[PR]