山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼海=庄内全域の堤防でアジやキス、マダイが釣れている。鶴岡沿岸の各漁港では40センチほどのイナダの釣果がある。20センチほどのアジ、胴長15センチほどのアオリイカも。
 ▽▼船=酒田沖は夜に25~35センチのアジが1人30匹釣れ、飛島沖はワラサが1人20匹ほど狙える。鶴岡沖では50センチ前後のマダイ、40センチほどのアマダイが釣れている。サビキ釣りで30センチほどのサバの釣果もある。
 ▽▼川=赤川などの各河川河口域では60~70センチのスズキが釣れる。

【最上】

 ▽▼ヘラブナ=新庄市の最上公園で25~30センチが20~30匹。餌は両だんご、グルテン。宙釣りか底釣りで。晴れて気温が上がれば、釣果が期待できる。

【内陸】

 ▽▼ニジマス=西川町大井沢の寒河江川上流は水温が低下してきたが、20センチ前後が釣れる。
 ▽▼ヘラブナ=東根市のえびづる沼は5匹程度、天童市の寺津沼は約20センチが5~10匹釣れる。いずれもセット釣りまたは両だんご。上山市の前川ダムは引き続き好調で20匹前後。山形市の沼の辺、山辺町の荒沼は5~10匹ほど。バラケと角麸(ふ)のセット釣りがお勧めだ。
 ▽▼コイ=寒河江市の最上川は村山橋近くの小川の合流地点で40~50センチが狙える。餌は練り餌かジャガイモ。

【置賜】

 ▽▼アユ=飯豊、小国の両町ではアユ釣りのシーズンが終わった。
2021年10月15日掲載

 山形新聞のモバイルサイト「モバイルやましん」「モバイルやましんスマート」では東北各県の釣果情報を提供しています。詳しくはこちら

[PR]
[PR]