山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼海=酒田港内では、サビキ釣りでアジやカタクチイワシ、フカセ釣りでクロダイが釣れる。クロダイは大きいもので45センチ。鶴岡沿岸では、朝方に岸からのショアジギングでサワラやイナダが狙える。加茂から温海方面ではクロダイの釣果が上向いてきた。
 ▽▼船=酒田沖は夜釣りで30センチほどのアジが1人50匹と好調。ワラサも30匹前後上がっている。飛島沖のタラは4~8キロで、1人5匹前後の釣果。鶴岡沖はブリなど青物を狙える。

【最上】

 ▽▼ヘラブナ=新庄市の最上公園で25~30センチが20~40匹ほど釣れる。餌は両グルテンかうどんのセット釣りで。

【内陸】

 ▽▼ヘラブナ=天童市の原崎沼は30日でシーズンが終了する。寺津沼は多くて5匹ほど。東根市のえびづる沼は多くて3、4匹。水温低下のため食いが悪い。いずれもセット釣りで。山形市近郊では、厳しい冷え込みのため釣果は5匹前後。セット釣りで狙う。釣り人の姿も少なくなってきた。
 ▽▼コイ=シーズン終盤の寒河江市の最上川は、暖かい日は50~60センチが狙える。餌はジャガイモか練り餌。
2020年11月27日掲載

 山形新聞のモバイルサイト「モバイルやましん」「モバイルやましんスマート」では東北各県の釣果情報を提供しています。詳しくはこちら

[PR]
[PR]